ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺されているが、息子のスティーブに、「恋人が吸血鬼なのだが、どうすればいいか」と相談を受け、奇病の原因が吸血鬼だと知る。
息子のために、吸血鬼のタチアーナを治療?する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする