*

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

公開日: : 吸血鬼小説

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言うべきかもしれないが、読んだ印象としては、むしろ「ファンタジー」である。

本作のなかには、吸血鬼がロボットに命令すると、「ロボット三原則 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」に則って、ロボットが吸血鬼の言うことをきく、というシーンがある。(厳密に言えば吸血鬼は「人間」ではない)

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
十字架が苦手
ニンニクが苦手
・トリカブトが苦手

《邦訳状況》
●創元SF文庫「影が行く」に収録。中村融訳
●ミステリマガジン1975年8月号 加藤正美訳
●講談社文庫 「世界SFパロディ傑作選」風見潤訳 現在絶版

《これから購入するなら》
現在なら、創元SF文庫の「影が行く」が最も入手容易。新刊書店でも見つかるはず。
私の所有しているのは、講談社文庫の「世界SFパロディ傑作選」。絶版なので、古本屋で探すしかなし。リアル店舗で探す人のための情報としては、「黒背表紙に、白文字タイトル」です。

関連記事

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

吸血鬼 I Am Legend

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ 不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑