*

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

公開日: : 吸血鬼小説

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言うべきかもしれないが、読んだ印象としては、むしろ「ファンタジー」である。

本作のなかには、吸血鬼がロボットに命令すると、「ロボット三原則 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」に則って、ロボットが吸血鬼の言うことをきく、というシーンがある。(厳密に言えば吸血鬼は「人間」ではない)

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
十字架が苦手
ニンニクが苦手
・トリカブトが苦手

《邦訳状況》
●創元SF文庫「影が行く」に収録。中村融訳
●ミステリマガジン1975年8月号 加藤正美訳
●講談社文庫 「世界SFパロディ傑作選」風見潤訳 現在絶版

《これから購入するなら》
現在なら、創元SF文庫の「影が行く」が最も入手容易。新刊書店でも見つかるはず。
私の所有しているのは、講談社文庫の「世界SFパロディ傑作選」。絶版なので、古本屋で探すしかなし。リアル店舗で探す人のための情報としては、「黒背表紙に、白文字タイトル」です。

関連記事

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

吸血鬼 I Am Legend

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ 不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

PAGE TOP ↑