*

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

公開日: : 吸血鬼小説

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言うべきかもしれないが、読んだ印象としては、むしろ「ファンタジー」である。

本作のなかには、吸血鬼がロボットに命令すると、「ロボット三原則 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」に則って、ロボットが吸血鬼の言うことをきく、というシーンがある。(厳密に言えば吸血鬼は「人間」ではない)

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
十字架が苦手
ニンニクが苦手
・トリカブトが苦手

《邦訳状況》
●創元SF文庫「影が行く」に収録。中村融訳
●ミステリマガジン1975年8月号 加藤正美訳
●講談社文庫 「世界SFパロディ傑作選」風見潤訳 現在絶版

《これから購入するなら》
現在なら、創元SF文庫の「影が行く」が最も入手容易。新刊書店でも見つかるはず。
私の所有しているのは、講談社文庫の「世界SFパロディ傑作選」。絶版なので、古本屋で探すしかなし。リアル店舗で探す人のための情報としては、「黒背表紙に、白文字タイトル」です。

関連記事

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

スタイルの問題

ロン・ディー(Ron Dee)作 ※ネタバレしています※ 子供の頃から吸血鬼映画が好きな

記事を読む

PAGE TOP ↑