*

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

公開日: : 吸血鬼小説

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言うべきかもしれないが、読んだ印象としては、むしろ「ファンタジー」である。

本作のなかには、吸血鬼がロボットに命令すると、「ロボット三原則 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」に則って、ロボットが吸血鬼の言うことをきく、というシーンがある。(厳密に言えば吸血鬼は「人間」ではない)

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
十字架が苦手
ニンニクが苦手
・トリカブトが苦手

《邦訳状況》
●創元SF文庫「影が行く」に収録。中村融訳
●ミステリマガジン1975年8月号 加藤正美訳
●講談社文庫 「世界SFパロディ傑作選」風見潤訳 現在絶版

《これから購入するなら》
現在なら、創元SF文庫の「影が行く」が最も入手容易。新刊書店でも見つかるはず。
私の所有しているのは、講談社文庫の「世界SFパロディ傑作選」。絶版なので、古本屋で探すしかなし。リアル店舗で探す人のための情報としては、「黒背表紙に、白文字タイトル」です。

関連記事

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑