*

かわいいベイビー

公開日: : 吸血鬼小説

カレン・ロバーズ

6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれない。妹は、まだ生後数ヶ月の赤ん坊なのに、どういうわけか犬歯が発達していて、人形を噛むと、それが傷だらけになる。(大人が言うには、ただの八重歯)

親戚のリックは、ピーターの怖がりな性格をからかおうと、「おまえの妹は、ルーマニアから来た吸血鬼だ」と吹き込む。
リックの話を信じたピーターは、ガーリックバターと十字架で武装する。最後の手段として、も用意する。
その夜、ピーターの部屋に妹がやってきた! ベッドによじのぼってきた妹の目が赤く光ったのは、怖がりなピーターの錯覚なのか? 物語は、ピーターのママの悲鳴で終わる。

●この物語の吸血鬼は、吸血シーンも無く、決定的な吸血鬼の証拠も提示されていない。つまり、ピーターの妹が吸血鬼なのか、怖がりな少年の思い込みなのか、物語の中で答えは出されていない。

●ピーターの知っている吸血鬼として、セサミ・ストリートのカウントが例に挙げられている。

●登場する吸血鬼(?)の特徴
・ルーマニア出身
・歯が生え揃っていない赤ん坊なのに、4本の牙は立派に生えている(大人が言うには「八重歯」)
・暗闇で、眼が赤く光る(多分)

《邦訳状況》
●竹書房文庫妖魔の宴 ドラキュラ編2に収録。嶋田洋一訳。現在絶版

関連記事

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

一九四四年のドラキュラ

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

PAGE TOP ↑