*

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014)
ブカレストで生まれたが、第二次世界大戦時に、一家でルーマニアからイギリスに脱出。その後、イギリスとアメリカの大学で、ルーマニア史・東欧史を学び、博士号を取る。

ボストン大の教授を務めていたときに、同僚教授のマクナリーとともに「ドラキュラ伝説 -吸血鬼のふるさとをたずねて」を出版した。

フロレスクは、アメリカとルーマニアの、外交上の架け橋となった功績が大きい。
対東欧の問題について、ケネディ大統領に助言を行ったり、ニクソン大統領がルーマニアを訪問する際には、マクナリーとともにブカレストに飛び、アメリカ大使館に詰めるなど、ホワイトハウスからの信頼も厚かった。

1996年~2004年には、ルーマニア外務省の初代ニュー・イングランド名誉領事を務めており、ルーマニアの民主的な選挙の実現に尽力している。
また、ルーマニアの学生がアメリカで学ぶための奨学金を設立・運営し、この活動は、現在では彼の息子が後を引き継いでいる。

祖国ルーマニアのために大きく貢献した彼の死去にあたり、ルーマニア王室は哀悼の意を表明した。(ドラキュラ研究者に王室からコメントが出た例は、フロレスクだけかもしれない)

関連記事

平井呈一

翻訳家。(1902年 東京生) 日本で、最初に「吸血鬼ドラキュラ」を完訳した人。 怪奇小説、推理

記事を読む

マイク・レズニック Michael Resnick

アメリカのSF作家。(ミステリも書く) スケールの大きいSF作品を得意とする。 ●マイク・レ

記事を読む

ヘザー・グレアム Heather Graham

ミステリー、ファンタジーの作家。 ロマンスものも得意で、ハーレクインから多数の作品が出ている。

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

ローレンス・ワット・エヴァンズ Lawrence Watt Evans

アメリカのSF作家。 化学者を父に持つ。父の読んでいたSFに手を出し、自らもSFファンになり、様々

記事を読む

倉橋由美子

日本の作家。クールに世相を描く小説も書くが、幻想・SF風味の作品も多い。翻訳も行った。 ●倉橋

記事を読む

フラックスマン・ロー

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼事件を解決する、心霊探偵である。 ローは、シリーズもの

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

ピーター・カッシング

俳優。ドクター・ヘルシング役者として有名。 ドラキュラ役者と言えば、ルゴシ、リー、ランジェラな

記事を読む

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。 奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。

記事を読む

PAGE TOP ↑