*

蝙蝠

公開日: : 吸血鬼小説

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。

※ネタバレしています※

母親に叱られて家に帰れないでいた少年は、蝙蝠の巣がある神社で、不思議な男に会い、誘われるままに着いていって、吸血されてしまう。
吸血されて死んだ少年は、蝙蝠になって飛び立つ。

●登場する吸血鬼の特徴
・首から血を吸う
・長身の黒い服の大男(ドラキュラ風の描写だが、「外人」だとは書かれていない)
・蝙蝠に姿を変えることができる
・吸血した相手も吸血鬼になる

●その他
・吸血鬼は、教会や十字架は嫌うものだが、日本の神社は平気らしい

《出版状況》
●吸血鬼小説集血と「薔薇のエクスタシー」に収録。

関連記事

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

スタイルの問題

ロン・ディー(Ron Dee)作 ※ネタバレしています※ 子供の頃から吸血鬼映画が好きな

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

PAGE TOP ↑