*

蝙蝠

公開日: : 吸血鬼小説

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。

※ネタバレしています※

母親に叱られて家に帰れないでいた少年は、蝙蝠の巣がある神社で、不思議な男に会い、誘われるままに着いていって、吸血されてしまう。
吸血されて死んだ少年は、蝙蝠になって飛び立つ。

●登場する吸血鬼の特徴
・首から血を吸う
・長身の黒い服の大男(ドラキュラ風の描写だが、「外人」だとは書かれていない)
・蝙蝠に姿を変えることができる
・吸血した相手も吸血鬼になる

●その他
・吸血鬼は、教会や十字架は嫌うものだが、日本の神社は平気らしい

《出版状況》
●吸血鬼小説集血と「薔薇のエクスタシー」に収録。

関連記事

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)作 吸

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

吸血鬼の夢

ディック・ロクティ作 ※ネタバレしています※ 引退した俳優(吸血鬼が当たり役だった)バイ

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

ヴァンピールの会

倉橋由美子作 ※ネタバレしています※ 美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑