*

「 吸血鬼小説 」 一覧

ロキュラダおじさん

2014/12/30 | 吸血鬼小説

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは、パパとママと、マデリン姉さんと、家族四人でフロリダのマンションに引っ越してきた。 上の階に住むロ

続きを見る

噛む

2014/12/30 | 吸血鬼小説

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやってきたばかり。 度々、視野の隅に、茶色の細長いものが動くのを見るので、「目が疲れている」と感じてい

続きを見る

夜だけの恋人

2014/12/29 | 吸血鬼小説

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで人格者。土地の人々に尊敬されている。その息子のスティーブが恋におち、夜中恋人と過ごして、朝方帰ってく

続きを見る

血の季節

2014/12/26 | 吸血鬼小説

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯人による昭和12年からの戦争中の回想が、平行して語られる。 作品中に、ドラキュラを意識した要素が複

続きを見る

影のない男

2014/12/21 | 吸血鬼小説

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは、トロウブリッジ医師とともに、ノーマン夫人主催のパーティーに出席する。グランダンは、なぜか初対面の男

続きを見る

生ける亡者の恐怖

2014/12/20 | 吸血鬼小説

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の中、道に迷い、小さな小屋を見つけて避難した。 そこには、古いペーパーバックが置いてあり、退屈しのぎ

続きを見る

夜だけの男

2014/12/20 | 吸血鬼小説

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒは、ヨーロッパからアメリカに来たばかり。 アメリカには危険な輩がいるとか、売春婦が夜の街に立ってい

続きを見る

生ける亡者の死

2014/12/17 | 吸血鬼小説

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしています※ ロバートは、目覚めて、いつものように愛するリーサの名を呼んだ。 しかし、いつものような

続きを見る

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

2014/12/14 | 吸血鬼小説

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)作 吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言う

続きを見る

ベールブラウ荘奇談

2014/12/13 | 吸血鬼小説

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔から幽霊が出るといわれている。持ち主のスワッファム家は、むしろ、その存在を自慢にし、幽霊は名物的存在だ

続きを見る

PAGE TOP ↑