*

「 吸血鬼関連〈実在〉人名簿 」 一覧

マイケル・ヴィサロフ

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」と「古城の妖鬼」に出演した俳優。どちらも監督はトッド・ブラウニングであり、役柄はどちらも宿屋の主人だった。 端役ながら多くの有名作に出演しており(ホラーものに限らず、文芸

続きを見る

市川染五郎(7代目)

歌舞伎役者。俳優。 1999年にTVで放送された「学校の怪談 呪われた課外授業」で吸血鬼役を演じた。(色白、赤い唇、背筋の伸びた立ち姿で、王道のドラキュラ型だった) 父親の松本孝四郎も、染

続きを見る

市川海老蔵(11代目)

歌舞伎役者。俳優。 2007年に、舞台「ドラクル」で吸血鬼:レイを演じた。 海老蔵バンパイアは、ちらりと覗く牙と、強烈な目力が印象的であった。ゴシック風の衣装が良く似合い、バラの花を背負え

続きを見る

スティーヴン・アトリー Steven Utley

アメリカの作家。(1948~) 詩や、ノンフィクションも書くが(筆者は未見)、SF小説が最も多い。 父親が、空軍下士官だったため、沖縄の空軍ベースで暮らしていたこともある。 ●スティーヴ

続きを見る

エドワード・エヴァレット・エヴァンズ  Edward Everett Evans

アメリカの作家。(1893~1958) 怪奇小説と、SF小説の作家。 ●E・エヴァレット・エヴァンズの吸血鬼小説 「生ける亡者の死」

続きを見る

アーチボルド・ヘンダーソン

ロンドンの吸血鬼事件の、6番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、喉から血を吸われた。 アーチボルド氏は、ロンドンのフーラムに住む医者で、妻ローズと暮らしていた

続きを見る

ローズ・ヘンダーソン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、喉から血を吸われた。6番目の犠牲者の、アーチボルド・ヘンダーソンの妻。 気性の激しい金髪美人だ

続きを見る

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

アメリカの小説家。 神話をモチーフとしたSFや、ファンタジー的なSFを得意とした。 ●ロジャー・デラズニイの吸血鬼小説 「吸血機伝説」

続きを見る

ジョン・ジョージ・ヘイグ John George Haigh

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」。(1909~1949.8.10) ロンドンで、9人もの人間を殺した連続殺人鬼。「殺した人間の血を飲んだ」と記した自筆の手記が発表され、世間を恐怖のどん底に突き落とした。

続きを見る

フラックスマン・ロー

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼事件を解決する、心霊探偵である。 ローは、シリーズものの探偵であり、本作以外にも、多数の作品に登場する。 「ベールブラウ荘奇談」では、ローは親しい知人、

続きを見る

PAGE TOP ↑