*

「 吸血鬼関連〈実在〉人名簿 」 一覧

市川海老蔵(11代目)

歌舞伎役者。俳優。 2007年に、舞台「ドラクル」で吸血鬼:レイを演じた。 海老蔵バンパイアは、ちらりと覗く牙と、強烈な目力が印象的であった。ゴシック風の衣装が良く似合い、バラの花を背負え

続きを見る

スティーヴン・アトリー Steven Utley

アメリカの作家。(1948~) 詩や、ノンフィクションも書くが(筆者は未見)、SF小説が最も多い。 父親が、空軍下士官だったため、沖縄の空軍ベースで暮らしていたこともある。 ●スティーヴ

続きを見る

エドワード・エヴァレット・エヴァンズ  Edward Everett Evans

アメリカの作家。(1893~1958) 怪奇小説と、SF小説の作家。 ●E・エヴァレット・エヴァンズの吸血鬼小説 「生ける亡者の死」

続きを見る

アーチボルド・ヘンダーソン

ロンドンの吸血鬼事件の、6番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、喉から血を吸われた。 アーチボルド氏は、ロンドンのフーラムに住む医者で、妻ローズと暮らしていた

続きを見る

ローズ・ヘンダーソン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、喉から血を吸われた。6番目の犠牲者の、アーチボルド・ヘンダーソンの妻。 気性の激しい金髪美人だ

続きを見る

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

アメリカの小説家。 神話をモチーフとしたSFや、ファンタジー的なSFを得意とした。 ●ロジャー・デラズニイの吸血鬼小説 「吸血機伝説」

続きを見る

ジョン・ジョージ・ヘイグ John George Haigh

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」。(1909~1949.8.10) ロンドンで、9人もの人間を殺した連続殺人鬼。「殺した人間の血を飲んだ」と記した自筆の手記が発表され、世間を恐怖のどん底に突き落とした。

続きを見る

フラックスマン・ロー

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼事件を解決する、心霊探偵である。 ローは、シリーズものの探偵であり、本作以外にも、多数の作品に登場する。 「ベールブラウ荘奇談」では、ローは親しい知人、

続きを見る

E&H・ヘロン E&H Heron

イギリスの作家。ヘスキス・プリチャードと、キャサリン・オブライエン・プリチャードの合作ペンネーム。ヘスキスとキャサリンは実の母子であり、合作の形としては珍しいパターンである。 心霊探偵フラックス

続きを見る

M・R・ジェイムズ Montague Rhodes James

モンタギュ・ローズ・ジェイムズ。(1862~1936) イギリスの怪奇小説作家にして、考古学者、古文書研究家。 ラヴクラフトに影響を与えた作家としても有名。ラブクラフトよりも、もっと正統派というか

続きを見る

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑