ケシの種

a1380_001240

墓の中に、ケシの種を入れるか、墓から街に通じる道にケシの種をまく。
または、家の入り口の前にまく。

なぜか、吸血鬼には、ケシなどの植物の種を見ると、それを数えなければならないという習性がある。
つまり、上記の方法は、ケシの種をまいて、それを数えさせているうちに、夜があけて町に出られないようにする作戦であり、10粒や20粒まくのでは意味が無い。数え切れないほどたくさんの種を、吸血鬼の目の前に出しておくことが重要である。

スポンサーリンク


ヒマワリの種でもいける

たしか、ドラマの「Xファイル」で、吸血鬼に迫られた主人公が、吸血鬼の目の前にひまわりの種をぶち撒いて難を逃れるシーンがあったと記憶する。
散らばったひまわりの種を見た吸血鬼が、「おまえ、なんてことしてくれるんだ、信じられん」みたいなことを言うのが面白かった。獲物を目の前にしながらも、種を数えきらないと攻撃できないのだから、吸血鬼にしてみれば、「とんでもなく面倒なこと」であり、「しょうがねえなあもう」という気持ちなのであろう。

●X-ファイル「吸血」収録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする