*

二階の下宿人

公開日: : 最終更新日:2015/01/09 吸血鬼小説

レイ・ブラッドベリ

※ネタバレしています※

11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏をさばくのを見るのが好きな少年。ダグラスの気にくわないヤツは、二階に下宿しているコーバーマン氏である。
彼は、初めて会ったときから、ダグラスに不吉なものを感じさせる男だったのだ。
コーバーマンは、夜仕事に出て、朝に帰り、昼は寝ている。そして、なぜか金属の「銀」が嫌いらしい。
コーバーマンが下宿するようになってから、町では奇怪な女性の失踪事件や殺人事件が起こっていた。下宿人の一人が、「きっと吸血鬼の仕業だ。銀の弾丸で退治しなければ」というのを聞き、ダグラスはコーバーマンが吸血鬼ではないかと疑惑を抱く。
ある日、ダグラスは、台所から持ち出した包丁で、コーバーマンの体を切り開き、中から色々な臓物を取り出し、おじいさんに見せる。その、人間だったらありえないような臓物に、大人たちは大騒ぎをはじめる。
ダグラスが、最終的にコーバーマンの息の根を止めたものは、自分の貯金箱の中の銀貨だった。

※本作の最後には、コーバーマンの死体を扱う検視官たちの会話があるのだが、彼らは「吸血鬼なのか? バケモノなのか?」と言い合っている。つまり、本作に、「コーバーマンは吸血鬼だった」という説明は無いのである。吸血シーンも無いし、もしもコーバーマンの体から「変な内臓」さえ出なければ、ダグラスの思い込みで終わる話である。
※吸血鬼に、コーバーマンの体から出たような、「変な内臓」(↓に例を挙げてあります)があるという話は聞いたことが無い。しかし、吸血鬼の体内が、普通の人間と違う、という伝承は無いわけではない。ルーマニアの伝説では、「吸血鬼の胸の中に、町が一つある」というものさえある。

●登場する吸血鬼の特徴
・痩せていて、長身
・銀が嫌い
・普通の食事ができる
・ほとんど夜行性だが、日光の中も歩けないことはない
・内臓に、色んな形と色のものがある(例:ピンク色の鎖、紫色の三角形、オレンジ色の四角い箱、ピラミッド型のもの)

10月はたそがれの国 (創元SF文庫)に収録。宇野利泰訳。
新刊書店で簡単に入手できる。古本屋の100円ワゴンなどにもあると思う。(背表紙は白)

関連記事

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

お客様はどなた?

オーガスト・ダーレス作 ※ネタバレしています※ 吸血鬼の姉弟が、通りすがりの仮装パーティ

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑