*

モーツェック軍曹

「最後の手段」の登場人物。

26年間も軍務に就いている。
ベトナムで従軍している間、部下のステファン・ランコウスキー一等兵が亡くなり、その遺体を家族の元に届けにいく。
悪性黒色素細胞腫にかかり、1~2週間の命と宣告されている。

ベトナムで、小隊の中で不審な連続死が発生。ランコウスキーが、亡くなった人間に覆いかぶさっているのを見たという者の話を聞き、彼が吸血鬼だと知り、手榴弾を使い、体が残らないように殺した。
ランコウスキーの家族も吸血鬼と察し、手榴弾を隠し持って、家族の元に向かう。
最後には、吸血鬼家族を道連れに爆死。

十字架も無く、手榴弾で共に爆死するとは、ヴァンパイア・ハンターとしては珍しいタイプである。

●「最後の手段」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

キンシー・P・モリス Quincy P. Morris

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 テキサス生まれのアメリカ人。 陽気での

記事を読む

ラクソール氏

M・R・ジェイムズ作「マグナス伯爵」の主人公。 オクスフォード出身。古文書研究家。知識も教養も高い

記事を読む

お冬

「一本足の女」に登場する美しい女の吸血鬼。片足をなくしている(傷跡から、獣に食いちぎられたと思われる

記事を読む

シュレンベルク大尉

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ドイツ、ベルゲン・ベルゼン収容所で任務に就いている。

記事を読む

アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言

記事を読む

オポルチェンスカ公爵夫人

「墓地の管理人」に登場する吸血鬼。 ロシア人か、ブルガリア人かどちらか不明。生前は大金持ちだっ

記事を読む

フラムヒェン・ハールヘーファー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 カール・ハールヘーファーの姉。弟カールに吸血され、吸血鬼になる。

記事を読む

R・M・レンフィールド

ブラム・ストーカー著「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ジョン・セワードの精神病院に入院する患者

記事を読む

ルートヴィヒ・フォン・カルデンシュタイン伯爵

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 正方形で、四つの角に小塔が立った小さな城に住

記事を読む

ジョナサン・ハーカー Jonathan Harker

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の主人公。ロンドンに住む青年。弁理士事務所に勤め、自分も弁理

記事を読む

PAGE TOP ↑