*

モーツェック軍曹

「最後の手段」の登場人物。

26年間も軍務に就いている。
ベトナムで従軍している間、部下のステファン・ランコウスキー一等兵が亡くなり、その遺体を家族の元に届けにいく。
悪性黒色素細胞腫にかかり、1~2週間の命と宣告されている。

ベトナムで、小隊の中で不審な連続死が発生。ランコウスキーが、亡くなった人間に覆いかぶさっているのを見たという者の話を聞き、彼が吸血鬼だと知り、手榴弾を使い、体が残らないように殺した。
ランコウスキーの家族も吸血鬼と察し、手榴弾を隠し持って、家族の元に向かう。
最後には、吸血鬼家族を道連れに爆死。

十字架も無く、手榴弾で共に爆死するとは、ヴァンパイア・ハンターとしては珍しいタイプである。

●「最後の手段」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ジャック・ハーディ

「わたしは、吸血鬼」の登場人物。ハリウッドの映画監督。フュテーヌに吸血されるが、生かされていて、言い

記事を読む

クラリモンド

「死霊の恋」に登場する吸血鬼。世間に名を知られた遊女。「何度も死んでいる」「彼女の恋人は、みな悲惨な

記事を読む

ヴァージニア・ネヴィル

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。 主人公ロバートの妻。吸血鬼バチルスに感染し、吸血鬼となる。ロバートを

記事を読む

ドラキュラ伯爵 Dracula

ブラム・ストーカー(Bram Stoker:英)が1897年に著した「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸

記事を読む

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、

記事を読む

ジョン・セワード John Seward

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 秀でた額と、角ばった顎を持つ紳士。 職

記事を読む

マート・プレスコット

「わたしは、吸血鬼」の主人公。映画の助監督。ジーン・ハバットの恋人。 サンドラの死の状況や、ジーン

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

エスター・ノーマン

「影のない男」の登場人物。ツツロン男爵にさらわれ、吸血されそうになるが、ド・グランダンに救出される。

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑