*

夜だけの男

公開日: : 吸血鬼小説

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作

※ネタバレしています※

エーリッヒは、ヨーロッパからアメリカに来たばかり。
アメリカには危険な輩がいるとか、売春婦が夜の街に立っているとか、アメリカ人が他人のことに無関心であることなどの知識だけがある。

ある夜、セントラル・パークの中を散歩していたら、強盗に襲われた。強盗に胸を刺されるが、エーリッヒは、強盗の腕をねじ上げてへし折る。
エーリッヒは、強盗の喉を切り裂いた。

別の夜、エーリッヒは、売春婦に声をかけられ、女のアパートまで行く。彼女を抱きしめて、エーリッヒは、自分の歯を彼女の首に食い込ませた。

エーリッヒは、女の喉を切り裂き、自分の牙の跡を消す。
ニューヨークでは、このような迷宮入り事件が増えることだろう。

●登場する吸血鬼の特徴
・夜だけ活動し、昼は、ヨーロッパから持ち込んだ墓塚で眠っている
・喉から血を吸う
・怪力
・コウモリの羽根で空を飛べる
・ナイフで刺されても死なない
ドラキュラ

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

ドラキュラ伯爵が登場する小説リスト

ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」以外の小説で、我らがドラキュラ伯爵が登場する作品のリストです

記事を読む

PAGE TOP ↑