*

夜だけの男

公開日: : 吸血鬼小説

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作

※ネタバレしています※

エーリッヒは、ヨーロッパからアメリカに来たばかり。
アメリカには危険な輩がいるとか、売春婦が夜の街に立っているとか、アメリカ人が他人のことに無関心であることなどの知識だけがある。

ある夜、セントラル・パークの中を散歩していたら、強盗に襲われた。強盗に胸を刺されるが、エーリッヒは、強盗の腕をねじ上げてへし折る。
エーリッヒは、強盗の喉を切り裂いた。

別の夜、エーリッヒは、売春婦に声をかけられ、女のアパートまで行く。彼女を抱きしめて、エーリッヒは、自分の歯を彼女の首に食い込ませた。

エーリッヒは、女の喉を切り裂き、自分の牙の跡を消す。
ニューヨークでは、このような迷宮入り事件が増えることだろう。

●登場する吸血鬼の特徴
・夜だけ活動し、昼は、ヨーロッパから持ち込んだ墓塚で眠っている
・喉から血を吸う
・怪力
・コウモリの羽根で空を飛べる
・ナイフで刺されても死なない
ドラキュラ

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

ヘンショーの吸血鬼

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)作 ※ネタバレしています※ チャーリー

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

PAGE TOP ↑