*

夜だけの男

公開日: : 吸血鬼小説

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作

※ネタバレしています※

エーリッヒは、ヨーロッパからアメリカに来たばかり。
アメリカには危険な輩がいるとか、売春婦が夜の街に立っているとか、アメリカ人が他人のことに無関心であることなどの知識だけがある。

ある夜、セントラル・パークの中を散歩していたら、強盗に襲われた。強盗に胸を刺されるが、エーリッヒは、強盗の腕をねじ上げてへし折る。
エーリッヒは、強盗の喉を切り裂いた。

別の夜、エーリッヒは、売春婦に声をかけられ、女のアパートまで行く。彼女を抱きしめて、エーリッヒは、自分の歯を彼女の首に食い込ませた。

エーリッヒは、女の喉を切り裂き、自分の牙の跡を消す。
ニューヨークでは、このような迷宮入り事件が増えることだろう。

●登場する吸血鬼の特徴
・夜だけ活動し、昼は、ヨーロッパから持ち込んだ墓塚で眠っている
・喉から血を吸う
・怪力
・コウモリの羽根で空を飛べる
・ナイフで刺されても死なない
ドラキュラ

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

スタイルの問題

ロン・ディー(Ron Dee)作 ※ネタバレしています※ 子供の頃から吸血鬼映画が好きな

記事を読む

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑