*

「 吸血鬼関連〈実在〉人名簿 」 一覧

平井呈一

翻訳家。(1902年 東京生) 日本で、最初に「吸血鬼ドラキュラ」を完訳した人。 怪奇小説、推理小説の翻訳を得意とした。 早稲田大学英文科中退。 ●平井呈一訳 創元文庫「吸血鬼ドラキュラ」

続きを見る

ハーバート・バンストン

俳優。1927年のブロードウエイ版「ドラキュラ」と、映画「魔人ドラキュラ」でセワード医師を演じた。 元々は、イギリスの舞台役者だったが、後にハリウッドに拠点を移している。1930年頃のミステリ映画を

続きを見る

アーノルド・バーリン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジョン・ジョージ・ヘイグを逮捕する、直接のきっかけを作った人。 バーリン氏は、妹ローズから、「自

続きを見る

デュラン・ディーコン夫人

「ロンドンの吸血鬼」事件の、9番目の被害者。事件の犯人である、ジョン・ジョージ・ヘイグと同じアパートに住んでいた。90キロも有る大柄の中年女性。 1949年2月18日、ヘイグの部屋を訪ね、殺され、喉

続きを見る

ヘレン・チャンドラー Helen Chandler

アメリカの女優。「魔人ドラキュラ」で、ミナを演じた。 8歳で舞台デビューを飾り、10歳からブロードウエイに出演しており、「魔人ドラキュラ」に出演する20歳のときには、すでに経験豊かな役者であった。

続きを見る

オーガスト・ダーレス

アメリカの作家。ホラー、SF、ミステリの分野で活躍した。シャーロック・ホームズのパロディである、ソーラー・ポンズのシリーズが有名。 アーカム・ハウスの創立メンバーの一人であり、ラブクラフト作品の出版

続きを見る

ウィリアム・ドラルド・マック・スワン

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」事件(1946~1949)の、最初の被害者。 当時マック・スワンは、ロンドンの郊外トウティングで、賭博場を経営しており、管理人募集の広告を出したところ、応募してきたの

続きを見る

エドワード・ヴァン・スローン Edward Van Sloan

アメリカの俳優。舞台、映画に出演した。 ブロードウエイ版の舞台「ドラキュラ」と映画「魔人ドラキュラ」と映画「女ドラキュラ」でヘルシング役をつとめた。 ドラキュラもの以外にも、ホラー映画に多数出演。

続きを見る

バーナード・ジュークス

英・米の舞台版「ドラキュラ」で、レンフィールドを演じた俳優。 ミュージカルコメディにも出演しているようなので、ホラー専門の役者ではないようだ。しかし、レンフィールド役を演じたときの写真など見ると、「

続きを見る

ティム・サリバン Tim Sullivan

多分、SF作家。(2作程度しか邦訳が無い) ●ティム・サリバンの吸血鬼小説 「ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ」

続きを見る

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑