*

ヴラド・ツェペシュ

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

1431年(シギショワラで生まれた)~1476年に、実在したワラキア(現ルーマニアの一部)の武将。ブラム・ストーカーが、「吸血鬼ドラキュラ」を書くにあたり、ドラキュラ伯爵のモデルにした人物として有名。現在では、すっかり「実在のドラキュラ」の呼び名が定着している。また、吸血鬼小説には、ヴラドを登場させるものが数多くある。

並外れて残酷な性格で、敵だろうが、自国民だろうが、気に入らない人間は冷酷に排除した。
拷問を思いつくのが得意で、人間を、太い杭で串刺しにして、その辺に立てておいたりするのが好きだった。そのため、「串刺し公」との異名を持つ。
串を刺す行為が、吸血鬼退治の杭打ちに、なんとなく通じるものが感じられるが、ヴラドがそこから串刺しを発想したのかどうかは不明である。
串刺し以外にも、「釜茹で」とか、「皮剥ぎ」とか、色々好きだったらしい。
ヴラドの遺体は、スナゴブ修道院に葬られており、1973年の発掘で、遺体が確認されている。(遺体といっても、白骨である。当然だが、小説のドラキュラのように、「生けるがごとく」横たわっていたわけではない)

ドラキュラが、死後、吸血鬼になって現れたという伝説は特に無い。ただ、あまりに残酷だったので、「人の道に外れた者」として、大地に受け入れられず、不死者=吸血鬼になったのではないかと、迷信深いルーマニアの民が考えたとしても、それほど不思議は無いだろう。

関連記事

エドモンド・ハミルトン Edmond Moore Hamilton

アメリカの、SF作家。ホラーの著作も多い。 ●エドモンド・ハミルトンの吸血鬼小説 「吸血鬼の

記事を読む

ロバート・E・ハワード

アメリカの作家。広いジャンルの作品を書いたが、特にSF、ファンタジーの分野で活躍した。 ●ロバ

記事を読む

平井呈一

翻訳家。(1902年 東京生) 日本で、最初に「吸血鬼ドラキュラ」を完訳した人。 怪奇小説、推理

記事を読む

マイケル・ヴィサロフ

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」と「古城の妖鬼」に出演した俳優。どちらも監督はトッド・ブラウニングであり

記事を読む

リチャード・マチスン Richard Burton Matheson

アメリカの作家。SF、ホラー、ファンタジーを得意とする。 巧みなストーリーテリングと、独特の味わい

記事を読む

フレデリック・カウルズ Frederick Cowles

イギリスのホラー作家。(1900~1949) 翻訳されている作品は、「カルデンシュタインの吸血鬼」

記事を読む

テオフィエル・ゴーチェ

フランスの詩人、作家、劇作家。フランス文学の魔術師とたたえられる文学者。 ゴーチェを「幻想作家」と

記事を読む

種村季弘

ドイツ文学者。翻訳家。エッセイスト。 吸血鬼アンソロジー「ドラキュラ・ドラキュラ」を編み、吸血鬼の

記事を読む

菊地秀行

作家。翻訳も手がける。 SF、ホラーの愛好家。特に、吸血鬼マニアとして有名。 ハマー・プロの

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑