*

ヴァンピールの会

公開日: : 吸血鬼小説

倉橋由美子

※ネタバレしています※

美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、毎月やってくる一団がいた。彼らは、大学の同窓会だといい、毎回持参の赤ワインを変わった白磁の容器に移して飲む。赤い色を楽しむためにそうするらしい。(彼らが持ち込むワインは、蝙蝠のラベルのものや、トランシルヴァニア産のもの)
やがて、木原氏は、ワインのラベルに「VANPIRE」の文字があることを知り、「あなたもVANPIREの会に入らないか」とすすめられる。
ある日、木原氏が遅れて店に行くと、開かれていたはずの「VANPIREの会」の客たちは消えうせており、店のボーイが首から血を流して倒れていた。ボーイを助け起こした木原氏は、自分に吸血の欲求が目覚めるのを知る。

●登場する吸血鬼の特徴
・首から血を吸う
・複数の人間の血を混ぜて「ブレンド」と称して飲む
・一人の人間の血をそのまま飲むのは「ストレート」

●出版状況
「血と薔薇のエクスタシー 吸血鬼小説傑作選」に収録
「倉橋由美子の怪奇掌篇」に収録

関連記事

暗い夜明け

W・R・フィルブリック(W. R. Philbrick)作 ※ネタバレしています※ ジョ

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

ヘンショーの吸血鬼

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)作 ※ネタバレしています※ チャーリー

記事を読む

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

PAGE TOP ↑