*

ミハイ・ハロス

「吸血鬼の村」に登場する吸血鬼。
吸血鬼しか住んでいない村、ウィースラントの長。美人の娘が二人いるが、もちろん娘たちも吸血鬼である。
人をまとめる力を持った人物であり、生前、吸血鬼になる前は、立派な村長だったのかもしれない。

●吸血鬼としての特徴
十字架が苦手
・赤い眼
・白い牙
・聖ジョージの日の夜にしか活動できない
・首から血を吸う

関連記事

ジュールス

「血の末裔」の主人公。 吸血鬼になりたくてたまらない少年。 愛読書は「吸血鬼ドラキュラ」。好きな

記事を読む

お冬

「一本足の女」に登場する美しい女の吸血鬼。片足をなくしている(傷跡から、獣に食いちぎられたと思われる

記事を読む

ヘンツィック卿

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 幽霊が出ると評判の、朽ちた古城に住む。 非常に贅沢な城

記事を読む

レナ・ユングフォルト

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼に襲われる被害者。 ベールブラウ荘の持ち主、スワッファ

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

エッツェリン・フォン・クラトカ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 本当は、100年以上前に死んだ人間。本名を名乗ると、正体がばれて

記事を読む

マデリン・トラバース

「ロキュラダおじさん」の登場人物。主人公、ゴードン・トラバースの姉。16歳。 吸血鬼ロキュラダ

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

クレッシー中尉

「狼女」の登場人物。 スタムウェル教授に同行し、ローガン山に登る。教授の死者蘇生術に、ひそかに疑問

記事を読む

ピエール・ブルーネン

「墓地の管理人」の吸血鬼、オポルチェンスカ公爵夫人の犠牲者。 自分が、吸血の生贄にされているこ

記事を読む

PAGE TOP ↑