*

バイロン・ルスヴェン

「吸血鬼の夢」に登場する吸血鬼。

ハリウッドで、吸血鬼俳優として活躍したが、25年前に引退した。
引退した理由は、恋人のジャネットが、血を抜かれた変死体で発見されたため。当時、世間では、ルスヴェンが本物の吸血鬼なのでは?との声もあった。
確かに、ルスヴェンは本物の吸血鬼だが、ジャネットを殺してはいない。ルスヴェンは、真犯人が誰なのか、25年の年月の後に暴き、報復することに成功する。

ルスヴェンは、遠い昔から、ずっと生き続けてきた吸血鬼らしい。どのようないきさつで吸血鬼になったかは不明。ドラキュラのモデルも自分だと言っている。
バイロン・ルスヴェンとは、ポリドリ作の「吸血鬼」にちなんで名乗っている名前であり、彼の本名ではない。

●吸血鬼としての能力・身体的特徴
・190cmの長身
・血だけでなく、マーティにも飲める。普通の料理も食べられる
・基本的には夜しか行動しない(昼も多少は動ける)
・銃で撃たれても死なない
・犬歯は、必要なときだけ伸ばす

●「吸血鬼の夢」収録のアンソロジーは、妖魔の宴 ドラキュラ編2

関連記事

ピエール・ブルーネン

「墓地の管理人」の吸血鬼、オポルチェンスカ公爵夫人の犠牲者。 自分が、吸血の生贄にされているこ

記事を読む

ノスフェラトゥ(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。(登場とは言っても、主人公の祖父の記憶として語られるだけだが) 主

記事を読む

ガイ・エックハート

「影のない男」の登場人物。サラに二度にわたって血を吸われるが、命は取りとめる。

記事を読む

オルラ

モーパッサン著「オルラ」に登場する、吸血鬼らしき怪物。 「吸血鬼らしい」のであって、「吸血鬼だ」と

記事を読む

スティーヴン・ヘンダースン

「マント」に登場する吸血鬼。 吸血鬼にマントをもらい、それを着ることにより吸血鬼化する珍しいタイプ

記事を読む

ヴラド・ツェペシュ(「一九四四年のドラキュラ」の)

「一九四四年のドラキュラ」に登場する吸血鬼。 ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」に登場す

記事を読む

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。

記事を読む

モーツェック軍曹

「最後の手段」の登場人物。 26年間も軍務に就いている。 ベトナムで従軍している間、部下のス

記事を読む

ズデンカ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。典型的なスラヴ美人。 セルビアのある村に住む。 家族に吸血され

記事を読む

フランク・リアダン

「選抜試験」に登場する吸血鬼。 元は人間。殺し屋だったが、冷酷・冷静な仕事っぷりを吸血鬼に買わ

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑