*

バイロン・ルスヴェン

「吸血鬼の夢」に登場する吸血鬼。

ハリウッドで、吸血鬼俳優として活躍したが、25年前に引退した。
引退した理由は、恋人のジャネットが、血を抜かれた変死体で発見されたため。当時、世間では、ルスヴェンが本物の吸血鬼なのでは?との声もあった。
確かに、ルスヴェンは本物の吸血鬼だが、ジャネットを殺してはいない。ルスヴェンは、真犯人が誰なのか、25年の年月の後に暴き、報復することに成功する。

ルスヴェンは、遠い昔から、ずっと生き続けてきた吸血鬼らしい。どのようないきさつで吸血鬼になったかは不明。ドラキュラのモデルも自分だと言っている。
バイロン・ルスヴェンとは、ポリドリ作の「吸血鬼」にちなんで名乗っている名前であり、彼の本名ではない。

●吸血鬼としての能力・身体的特徴
・190cmの長身
・血だけでなく、マーティにも飲める。普通の料理も食べられる
・基本的には夜しか行動しない(昼も多少は動ける)
・銃で撃たれても死なない
・犬歯は、必要なときだけ伸ばす

●「吸血鬼の夢」収録のアンソロジーは、妖魔の宴 ドラキュラ編2

関連記事

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。 以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村

記事を読む

アツォ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 アツォは偽名で、本名は、エッツェリン・フォン・クラトカ。100年

記事を読む

クレッシー中尉

「狼女」の登場人物。 スタムウェル教授に同行し、ローガン山に登る。教授の死者蘇生術に、ひそかに疑問

記事を読む

狼女

「狼女」に登場する吸血鬼。 氷河の中から、マンモスや狼とともに死体で発見され、スタムウェル教授の死

記事を読む

フリッツ

「吸血機伝説」に登場する吸血鬼。地球最後の吸血鬼である。 墓地の中で、ロボットと一緒に暮らして

記事を読む

マーガレット

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 夜間大学の同級生、ネヴィルに目をつけて襲い、彼を吸血鬼にする

記事を読む

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。 ベトナムで従軍していた。 所属小隊の仲間の血を吸い、5人の

記事を読む

ヘンツィック卿

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 幽霊が出ると評判の、朽ちた古城に住む。 非常に贅沢な城

記事を読む

ドラキュラ伯爵 Dracula

ブラム・ストーカー(Bram Stoker:英)が1897年に著した「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸

記事を読む

ド・ヴィユ伯爵

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ伯爵が使う偽名。 ピカデリー347番地の屋敷

記事を読む

PAGE TOP ↑