*

アウグスト・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。

1572年に亡くなったはずなのだが、生前の悪行のためか不死者となった。ルートヴィヒ・フォン・カルデンシュタインの叔父。
カルデンシュタインの村の司祭に、十字架聖水で滅ぼされ、崩れて土となる。

●「カルデンシュタインの吸血鬼」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード作「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。 クリスチーナは、

記事を読む

エリザベート・ド・フンファルビ

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。 ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために

記事を読む

アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言

記事を読む

パウル・フォン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。故郷はオーストリア。 第一次大戦中に生き別れた弟のヨハンを探してアメ

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

ユーグ・デュ・マランボワ

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。邪悪な性格で、魔術を使ってよからぬことをしたために、死後吸

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

スミス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 ドーカスという娘に血を吸われ、吸血鬼になってしまう。 几帳面

記事を読む

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、

記事を読む

オルラ

モーパッサン著「オルラ」に登場する、吸血鬼らしき怪物。 「吸血鬼らしい」のであって、「吸血鬼だ」と

記事を読む

PAGE TOP ↑