*

クリストファー・ラムデン

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 吸血鬼関連〈架空〉人名簿

「隠れ家の吸血鬼」の主人公。

作家。
吸血鬼マニアで、自分も吸血鬼小説を書いている。処女作は「吸血鬼ニューヨークを襲う」。
吸血鬼映画のほとんどを見ている。
妻のマグダとは、愛し合って結婚したのだが、口うるさく、虚栄心が強く、浮気性な彼女にうんざりしている。

ストーカーは、実体験を元に吸血鬼小説を書いたに違いないと信じ、自分も吸血鬼探しをして、ついにニューオリンズのある屋敷に眠る本物を発見。屋敷ごと手に入れて、吸血鬼から取材を始める。吸血鬼への報酬は、ビニールパック入りの血(多分、血液銀行から買って来た?)。

関連記事

ラウシュ大佐

「一九四四年のドラキュラ」の主人公シュレンベルク大尉の上司。 ブラド・ツェペシュにより、吸血鬼

記事を読む

ラクソール氏

M・R・ジェイムズ作「マグナス伯爵」の主人公。 オクスフォード出身。古文書研究家。知識も教養も高い

記事を読む

エリザベート・ド・フンファルビ

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。 ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために

記事を読む

ウィルフレッド・マキシム軍曹

「生ける亡者の恐怖」に登場する吸血鬼。 ワイオミングのフェッターマン砦で軍務に就いていたが、砦

記事を読む

スタムウェル教授

「狼女」の登場人物。 死者を蘇生させる方法を発見した科学者。氷河の中に眠っていたマンモスと、狼を操

記事を読む

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、

記事を読む

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。 多分、若い娘

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

幼女殺人の犯人

「血の季節」に登場する吸血鬼。全編にわたって登場する主人公でありながら、名前が明らかにされていない。

記事を読む

ハロルド・スワッファム

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 昔から幽霊が出ることで有名な、ベールブラウ荘の持ち主、スワ

記事を読む

PAGE TOP ↑