*

心中の虫

「心中の虫」の主人公。放射能汚染により生まれた吸血鬼。
人の心を読む術を持っており、そのために作品中では「心中の虫」と記されている(親がつけた名前はあるはずなのだが、作品では明かされていない)。
生まれてすぐに親に捨てられ、養父母の家も飛び出し、吸血しながら放浪の旅をして生きている。

放射能汚染から発生するのは、吸血鬼としては変り種である。このために、一般的な吸血鬼の特徴はあまり持っておらず、日光も平気なようであるし、普通の食事もできる。そもそも、いわゆる「不死者」ではない。
吸血によって仲間を増やすことも無いようだ。

●外見的特長
・身長は低いほう
ドロレスによれば、ケーリー・グラントにも、ジェームス・スチュアートにもちょっと似ているらしい

関連記事

クラリモンド

「死霊の恋」に登場する吸血鬼。世間に名を知られた遊女。「何度も死んでいる」「彼女の恋人は、みな悲惨な

記事を読む

ネヴィル

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 子供の頃から映画好き。とりわけホラー映画好きで、ベラ・ル

記事を読む

アウグスト・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 1572年に亡くなったはずなのだが、生前の悪

記事を読む

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

マグダ・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公、クリストファー・ラムデンの妻。 吸血鬼ドレークに血を吸われ、吸血鬼にさ

記事を読む

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。

記事を読む

ドロレス

「心中の虫」の登場人物。夢のような恋と結婚に憧れている娘。 心中の虫にうまい結婚話を持ちかけられて

記事を読む

ゴルシャ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。 元は人間。 セルビアのある村に住む老人だったが、山中で吸血鬼

記事を読む

トム

「夜だけの恋人」の登場人物。 ジャッド先生の運転手。母方のルーツがルーマニアなので、吸血鬼関係の知

記事を読む

ド・ヴィユ伯爵

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ伯爵が使う偽名。 ピカデリー347番地の屋敷

記事を読む

PAGE TOP ↑