*

ランプリング・ゲートの主

公開日: : 吸血鬼小説

アン・ライス(Anne Rice)

※ネタバレしています※

リチャードとジュリーの兄妹は、父が「取り壊せ」と遺言したランプリング・ゲート(ランプリング家が所有する屋敷)に興味を持ち、滞在しに出かけることにする。

二人の父は、ランプリングゲートを、邪悪なもののように思っていた。なぜか、駅で見かけた若い男を、「ランプリング・ゲートの主」と呼び、ひどく恐れていた。
なぜ、取り壊さねばならないのか、その理由を言わずに、父親は死んだ。ジュリーは、父が「主」と呼んだ男の顔を、よく覚えている。

ランプリング・ゲートに着いた二人は、調べても幽霊伝説などが何も無く、居心地の良い屋敷なのに気づき、父の遺言に従うことをためらうようになる。
しかし、ある夜、居眠りしているリチャードのそばに、父が「主」と呼んだのと同じ男がいるのを、ジュリーは見てしまう。

次の夜、「主」はジュリーの元に現れ、首を噛む。
ジュリーは、彼の過去を教えられ、彼の呪われた運命を知る。
ジュリーは、「主」の存在のことは黙ってリチャードにかけあい、ランプリング・ゲートを自分の財産にし、取り壊さずに守る決意をする。

●登場する吸血鬼の特徴
・ドラキュラ型
・ハンサム。光沢のある褐色の髪。大きな目

《邦訳状況》
●竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編1」に収録。嶋田洋一訳。現在絶版

関連記事

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

PAGE TOP ↑