*

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。

以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村の中で、たった一人だけ病を免れた子供が、吸血鬼に助けを求めて、自分も吸血鬼にされた。
ランプリング・ゲートに住み着いている。

●特徴
・ハンサム(形のいい眉、通った鼻筋、大きな黒い目)
・首から血を吸う
・青白い顔
・赤い唇
・吸血鬼になった自分の運命を悲しんでいる
ドラキュラ

●「ランプリング・ゲートの主」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編1」

関連記事

クリストファー・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公。 作家。 吸血鬼マニアで、自分も吸血鬼小説を書いている。処女作は

記事を読む

クレッシー中尉

「狼女」の登場人物。 スタムウェル教授に同行し、ローガン山に登る。教授の死者蘇生術に、ひそかに疑問

記事を読む

サンドラ・コールター

「わたしは、吸血鬼」に登場する吸血鬼。 フュテーヌに吸血されて死に、吸血鬼となってよみがえる。

記事を読む

ユーグ・デュ・マランボワ

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。邪悪な性格で、魔術を使ってよからぬことをしたために、死後吸

記事を読む

ジョー

「狼女」の登場人物。 半エスキモー、半インディアンの老人。モデルに生き写しの彫刻を作る腕を持つ。

記事を読む

スミス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 ドーカスという娘に血を吸われ、吸血鬼になってしまう。 几帳面

記事を読む

ロバート・ウォラム

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 元は人間。最愛の恋人リーサとともに、幽霊屋敷と評判の城を

記事を読む

エッツェリン・フォン・クラトカ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 本当は、100年以上前に死んだ人間。本名を名乗ると、正体がばれて

記事を読む

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。 多分、若い娘

記事を読む

ジュール・ド・グランダン

シーバリー・クインの小説にシリーズで登場する主人公。医者、探偵にして、オカルト研究家のフランス人。

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑