*

コーバーマン

「二階の下宿人」に登場する吸血鬼。(作中で「吸血鬼だ」とは断言されていないが)
彼が町に引っ越してきてから、その町で不審な殺人や失踪事件が起こり始める。
彼は、夜の仕事をし(何の仕事とは書いていないが、身なりは良いようだ)、昼は寝ていて、表でどんなうるさい音がしても目をさまさない。
彼の下宿先の少年、ダグラスに、吸血鬼ではないかと疑われ、殺される。ダグラスは、昼間コーバーマンの部屋に入り込み、寝ている彼を包丁で切り開き、体内から色々な臓器(とうてい人間の臓器とは言えないものだらけ)を取り出したのである。
ダグラスいわく、「臓器を出しただけではコーバーマンは死なず、貯金箱の銀貨を体に入れたら死んだ」とのこと。

作中で、殺人や失踪事件がコーバーマンの仕業であったという証拠はあがらず、吸血のシーンも無く、「コーバーマンが吸血鬼であった」と断定する根拠はどこにもない。しかし、体内にとんでもない臓器があったのだから、人間で無いことだけは確かである。

●特徴
・昼間は活動しない
・普通の食事ができる
・銀貨がキライ?
・銀の食器がキライ?

●「二階の下宿人」収録の短編集

関連記事

トム

「夜だけの恋人」の登場人物。 ジャッド先生の運転手。母方のルーツがルーマニアなので、吸血鬼関係の知

記事を読む

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。 ベトナムで従軍していた。 所属小隊の仲間の血を吸い、5人の

記事を読む

エッツェリン・フォン・クラトカ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 本当は、100年以上前に死んだ人間。本名を名乗ると、正体がばれて

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

フラムヒェン・ハールヘーファー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 カール・ハールヘーファーの姉。弟カールに吸血され、吸血鬼になる。

記事を読む

フェオドル・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 1645年に亡くなっているはずなのだが、生前

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

フリッツ

「吸血機伝説」に登場する吸血鬼。地球最後の吸血鬼である。 墓地の中で、ロボットと一緒に暮らして

記事を読む

アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

PAGE TOP ↑