*

コーバーマン

「二階の下宿人」に登場する吸血鬼。(作中で「吸血鬼だ」とは断言されていないが)
彼が町に引っ越してきてから、その町で不審な殺人や失踪事件が起こり始める。
彼は、夜の仕事をし(何の仕事とは書いていないが、身なりは良いようだ)、昼は寝ていて、表でどんなうるさい音がしても目をさまさない。
彼の下宿先の少年、ダグラスに、吸血鬼ではないかと疑われ、殺される。ダグラスは、昼間コーバーマンの部屋に入り込み、寝ている彼を包丁で切り開き、体内から色々な臓器(とうてい人間の臓器とは言えないものだらけ)を取り出したのである。
ダグラスいわく、「臓器を出しただけではコーバーマンは死なず、貯金箱の銀貨を体に入れたら死んだ」とのこと。

作中で、殺人や失踪事件がコーバーマンの仕業であったという証拠はあがらず、吸血のシーンも無く、「コーバーマンが吸血鬼であった」と断定する根拠はどこにもない。しかし、体内にとんでもない臓器があったのだから、人間で無いことだけは確かである。

●特徴
・昼間は活動しない
・普通の食事ができる
・銀貨がキライ?
・銀の食器がキライ?

●「二階の下宿人」収録の短編集

関連記事

ルートヴィヒ・フォン・カルデンシュタイン伯爵

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 正方形で、四つの角に小塔が立った小さな城に住

記事を読む

ジュール・ド・グランダン

シーバリー・クインの小説にシリーズで登場する主人公。医者、探偵にして、オカルト研究家のフランス人。

記事を読む

ピエール・ブルーネン

「墓地の管理人」の吸血鬼、オポルチェンスカ公爵夫人の犠牲者。 自分が、吸血の生贄にされているこ

記事を読む

ジョンソン

「狼女」の登場人物。登山隊のリーダー。クレッシーに、不思議な狼女とのいきさつを聞き、マンモスの蘇生に

記事を読む

エリザベート・ド・フンファルビ

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。 ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために

記事を読む

チャーリー・デナム

ヘンリー・カットナー著「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する妻のロザモンドも吸血鬼である。

記事を読む

マリラ

「お客様はどなた?」に登場する吸血鬼。彼女の弟が言うには(弟も吸血鬼)、犠牲者の選択がうまく、吸血の

記事を読む

ド・ヴィユ伯爵

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ伯爵が使う偽名。 ピカデリー347番地の屋敷

記事を読む

スミス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 ドーカスという娘に血を吸われ、吸血鬼になってしまう。 几帳面

記事を読む

ラクソール氏

M・R・ジェイムズ作「マグナス伯爵」の主人公。 オクスフォード出身。古文書研究家。知識も教養も高い

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑