*

生ける亡者の恐怖

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 吸血鬼小説

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)

「わたし」は、吹雪の中、道に迷い、小さな小屋を見つけて避難した。
そこには、古いペーパーバックが置いてあり、退屈しのぎに読み始めると、人を次々殺し、心臓を喰らった「スタンラス軍曹」という人物の犯罪実話が載っていた。死刑に処されるときに、スタンラスは「自分の体を焼いてほしい。そうしないと魂が救われない」と訴えたが、彼の死体は焼かずに埋められ、十字架も立てられなかった、と記事に書いてある。
ほかにも、古新聞があり、それを読むと、人の血を飲むため、死刑にされたが、何度も生き返る「マキシム軍曹」の記事が載っている。
その新聞の下に、「マキシム軍曹脱走」の記事の新聞もある。
「わたし」は、記事に紹介されている人相と行いから、スタンラスとマキシムが同一人物だと察する。
そこへ、小屋の扉が開き……。

●登場する吸血鬼の特徴
・死体を焼かないと復活する。
・血を飲むだけでなく、心臓や、肝臓を喰らう欲求を持っている。
・「わたし」が、「狼男が蘇って吸血鬼になる」と記している部分があり、作者が狼男と吸血鬼を明確に分けていない。

《邦訳状況》
●ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

墓地の管理人

ジャン・レイ(Jean Ray)作 ※ネタバレしています※ 「あっし」は、仕事も、金もな

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

PAGE TOP ↑