*

イワン・スタンラス軍曹

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 吸血鬼名簿, 吸血鬼関連〈架空〉人名簿

「生ける亡者の恐怖」に登場する吸血鬼。

1810年に、ポーランドで誕生。12歳頃に、アメリカに渡る。
1827年に、米陸軍の志願兵となる。メキシコ戦争の際に、軍功があり、表彰される。
1847年、インディアンの襲撃から開拓者を守るための砦の守備任務に就く。
砦で、夜毎に歩哨やインディアンを襲って餌食にしていたことが発覚し、軍の会議にかけられ、死刑にされる。本人の自供では、「50~100人くらい犠牲にした」。
死刑の前に、「自分の死体を焼いてほしい。それしか魂が救われる道は無い」と願い出るが、聞き入れられず、死体は土葬にされた。
体が焼かれなかったため、後に復活し、吸血活動を再開することになる。
なぜ吸血鬼となったかは不明。「火葬にして」と頼んだということは、彼の魂の本音は、吸血鬼になどなりたくなかったのである。

●特長・特殊能力など
・丸顔。
・長いもじゃもじゃヒゲ。
・大きい目。
・肉が薄く、長くまっすぐな鼻。
・とがった歯。
・小さな顎。
・残忍な印象の顔立ち。
・銃で撃たれても死なない。
・人間の生肉を食べる欲求がある。特に、心臓と肝臓が好み。

●「生ける亡者の恐怖」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

チャーリー・デナム

ヘンリー・カットナー著「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する妻のロザモンドも吸血鬼である。

記事を読む

ベン・コートマン

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公ロバート・ネヴィルの隣人。「新しい人類たち」に殺される。 ●

記事を読む

エリザベート・ド・フンファルビ

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。 ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために

記事を読む

カール・ハールヘーファー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。ナイト・レディーに吸血され、吸血鬼になる。 姉フラムヒェンとフリッ

記事を読む

ヘルヴェティア公使夫人

「血の季節」に登場する吸血鬼。二等書記官ラドラックに吸血され、吸血鬼となる。 公使館の裏庭に葬られ

記事を読む

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

ドラキュラ伯爵(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公フェルディナンの父親。 本作独自の設定で、ノスフェラトゥの息

記事を読む

ズデンカ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。典型的なスラヴ美人。 セルビアのある村に住む。 家族に吸血され

記事を読む

チェルニー伯爵

「影のない男」に登場する吸血鬼。「チェルニー伯爵」は偽名で、本名はロヨシュ・ツツロン男爵。

記事を読む

ナイト・レディー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 「ナイト・レディー」は、村人がつけた通称名。カール・ハールヘーフ

記事を読む

PAGE TOP ↑