*

イワン・スタンラス軍曹

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 吸血鬼名簿, 吸血鬼関連〈架空〉人名簿

「生ける亡者の恐怖」に登場する吸血鬼。

1810年に、ポーランドで誕生。12歳頃に、アメリカに渡る。
1827年に、米陸軍の志願兵となる。メキシコ戦争の際に、軍功があり、表彰される。
1847年、インディアンの襲撃から開拓者を守るための砦の守備任務に就く。
砦で、夜毎に歩哨やインディアンを襲って餌食にしていたことが発覚し、軍の会議にかけられ、死刑にされる。本人の自供では、「50~100人くらい犠牲にした」。
死刑の前に、「自分の死体を焼いてほしい。それしか魂が救われる道は無い」と願い出るが、聞き入れられず、死体は土葬にされた。
体が焼かれなかったため、後に復活し、吸血活動を再開することになる。
なぜ吸血鬼となったかは不明。「火葬にして」と頼んだということは、彼の魂の本音は、吸血鬼になどなりたくなかったのである。

●特長・特殊能力など
・丸顔。
・長いもじゃもじゃヒゲ。
・大きい目。
・肉が薄く、長くまっすぐな鼻。
・とがった歯。
・小さな顎。
・残忍な印象の顔立ち。
・銃で撃たれても死なない。
・人間の生肉を食べる欲求がある。特に、心臓と肝臓が好み。

●「生ける亡者の恐怖」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ヘンツィック卿

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 幽霊が出ると評判の、朽ちた古城に住む。 非常に贅沢な城

記事を読む

オルラ

モーパッサン著「オルラ」に登場する、吸血鬼らしき怪物。 「吸血鬼らしい」のであって、「吸血鬼だ」と

記事を読む

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

ゲオルギエ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。ゴルシャの息子で、ズデンカの兄。端正な顔の、意思の強い男。 自分

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

J・M・カッフィン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ホイットビーの検視医。 作中の、新聞記

記事を読む

レンフィールド(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物だが、もちろん「吸血鬼ドラキュラ」のレンフィールドと同一人物なのだろう。

記事を読む

セバスチャン・ロング

「心中の虫」の登場人物。ガラス彫刻家。 誰にも秘密にしていた新作のガラス「デメテルの鉢」のことを心

記事を読む

エスター・ノーマン

「影のない男」の登場人物。ツツロン男爵にさらわれ、吸血されそうになるが、ド・グランダンに救出される。

記事を読む

ゴルシャ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。 元は人間。 セルビアのある村に住む老人だったが、山中で吸血鬼

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑