*

スティーヴン・ヘンダースン

「マント」に登場する吸血鬼。
吸血鬼にマントをもらい、それを着ることにより吸血鬼化する珍しいタイプ。
マントを着て吸血の欲求を持ったものの、別の吸血鬼(シーラ)に襲われてしまい、作品の中では自ら吸血するシーンは描かれない。

●吸血鬼としての特徴
・マントを着ると吸血鬼化。脱げば人間に戻る
・鏡に映らない
・青白い顔

関連記事

ルーシー・ウェステンラ Lucy Westenra

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ルーシーは、こんな人 婚約したばかりの美人

記事を読む

ファン・ロペス

「墓からの悪魔」の登場人物。年寄りのメキシコ人。 謎の塚に、吸血鬼が封じ込められていることを知って

記事を読む

シーラ・ダーリー

「マント」に登場する吸血鬼。 スティーヴンと同じ貸衣装屋からハロウィンの衣装を借り、それを着ること

記事を読む

ラドラック

「血の季節」に登場する吸血鬼。ヘルヴェティア国の外交官。戦争中、日本のヘルヴェティア公使館に滞在中に

記事を読む

ミハイ・ハロス

「吸血鬼の村」に登場する吸血鬼。 吸血鬼しか住んでいない村、ウィースラントの長。美人の娘が二人いる

記事を読む

ジーン・ハバット

「わたしは、吸血鬼」の登場人物。 ハリウッドの女優。マートの恋人。 吸血鬼フュテーヌの生前の恋人

記事を読む

ロヨシュ・ツツロン男爵

「影のない男」に登場する吸血鬼。トランシルヴァニア出身。アメリカではチェルニー伯爵という偽名を使って

記事を読む

チャーリー・デナム

ヘンリー・カットナー著「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する妻のロザモンドも吸血鬼である。

記事を読む

K

「血の季節」の登場人物。ルルベルに吸血される。 吸血されたために、犬歯が伸びるなどの、吸血鬼化の兆

記事を読む

心中の虫

「心中の虫」の主人公。放射能汚染により生まれた吸血鬼。 人の心を読む術を持っており、そのために作品

記事を読む

PAGE TOP ↑