*

アンナ・ランコウスキー

公開日: : 吸血鬼関連〈架空〉人名簿

「最後の手段」の登場人物。

吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。
多分、彼女自身も吸血鬼と思われるが、そうとは明記されていない。
ステファンが吸血鬼と知って滅ぼしたモーツェック軍曹により、手榴弾で爆死させられる。

●「最後の手段」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

コーバーマン

「二階の下宿人」に登場する吸血鬼。(作中で「吸血鬼だ」とは断言されていないが) 彼が町に引っ越して

記事を読む

パウル・フォン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。故郷はオーストリア。 第一次大戦中に生き別れた弟のヨハンを探してアメ

記事を読む

ジーン・ハバット

「わたしは、吸血鬼」の登場人物。 ハリウッドの女優。マートの恋人。 吸血鬼フュテーヌの生前の恋人

記事を読む

ド・ヴィユ伯爵

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ伯爵が使う偽名。 ピカデリー347番地の屋敷

記事を読む

ジュール・ド・グランダン

シーバリー・クインの小説にシリーズで登場する主人公。医者、探偵にして、オカルト研究家のフランス人。

記事を読む

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。

記事を読む

ロバート・ネヴィル

小説「吸血鬼」の主人公。36歳。 自分以外が全員吸血鬼になってしまった町で、吸血鬼よけの方法を日々

記事を読む

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。 ベトナムで従軍していた。 所属小隊の仲間の血を吸い、5人の

記事を読む

フランク・リアダン

「選抜試験」に登場する吸血鬼。 元は人間。殺し屋だったが、冷酷・冷静な仕事っぷりを吸血鬼に買わ

記事を読む

PAGE TOP ↑