*

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。

ベトナムで従軍していた。
所属小隊の仲間の血を吸い、5人の犠牲者を出した。
血を吸っている現場を目撃され、モーツェック軍曹に殺される。手榴弾を使って殺されたため、死体が残らず、蘇ることができなくなった。

どうして吸血鬼になったのか不明。ただし、ベトナムに向かう前から吸血鬼だったはず。家族もそれを承知していて、そのため、「戦死」の報を聞いても取り乱さず、死体を待っている風情だからである。
どうやら、彼の家族も、すべて吸血鬼と思われるが、この小説に「吸血鬼」という言葉は一切無く、完全に「ほのめかし」だけであるのが面白い。

●特徴
・首から血を吸う
・体が残っていれば、蘇ることは可能だったと思われる

●「最後の手段」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、

記事を読む

シーラ・ダーリー

「マント」に登場する吸血鬼。 スティーヴンと同じ貸衣装屋からハロウィンの衣装を借り、それを着ること

記事を読む

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード作「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。 クリスチーナは、

記事を読む

ルルベル

「血の季節」に登場する吸血鬼。 駐日ヘルヴェティア公使の娘。金髪碧眼の美少女。亡くなった母親に生き

記事を読む

ジョン・ジョージ・ヘイグ John George Haigh

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」。(1909~1949.8.10) ロンドンで、9人もの人間を殺した連

記事を読む

ノスフェラトゥ(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。(登場とは言っても、主人公の祖父の記憶として語られるだけだが) 主

記事を読む

スティーブ・ブリル

「墓からの悪魔」の登場人物。生粋のテキサス男。吸血鬼が封じ込められた塚を、そうとは知らずに暴いてしま

記事を読む

J・M・カッフィン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ホイットビーの検視医。 作中の、新聞記

記事を読む

タチアーナ・ラティアーヌ

「夜だけの恋人」に登場する吸血鬼。 スティーブの恋人。気立ての良い美人。ルーマニア貴族の末裔。

記事を読む

ファン・ロペス

「墓からの悪魔」の登場人物。年寄りのメキシコ人。 謎の塚に、吸血鬼が封じ込められていることを知って

記事を読む

PAGE TOP ↑