*

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。

ベトナムで従軍していた。
所属小隊の仲間の血を吸い、5人の犠牲者を出した。
血を吸っている現場を目撃され、モーツェック軍曹に殺される。手榴弾を使って殺されたため、死体が残らず、蘇ることができなくなった。

どうして吸血鬼になったのか不明。ただし、ベトナムに向かう前から吸血鬼だったはず。家族もそれを承知していて、そのため、「戦死」の報を聞いても取り乱さず、死体を待っている風情だからである。
どうやら、彼の家族も、すべて吸血鬼と思われるが、この小説に「吸血鬼」という言葉は一切無く、完全に「ほのめかし」だけであるのが面白い。

●特徴
・首から血を吸う
・体が残っていれば、蘇ることは可能だったと思われる

●「最後の手段」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。

記事を読む

スティーヴン・ヘンダースン

「マント」に登場する吸血鬼。 吸血鬼にマントをもらい、それを着ることにより吸血鬼化する珍しいタイプ

記事を読む

タチアーナ・ラティアーヌ

「夜だけの恋人」に登場する吸血鬼。 スティーブの恋人。気立ての良い美人。ルーマニア貴族の末裔。

記事を読む

ジョン・ジョージ・ヘイグ John George Haigh

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」。(1909~1949.8.10) ロンドンで、9人もの人間を殺した連

記事を読む

カラント

「吸血鬼の村」に登場する吸血鬼。 吸血鬼しか住んでいない村、ウィースラントの宿屋の主人。ウィースラ

記事を読む

エスター・ノーマン

「影のない男」の登場人物。ツツロン男爵にさらわれ、吸血されそうになるが、ド・グランダンに救出される。

記事を読む

マリー

ロバート・ブロック作「コウモリはわが兄弟」の登場人物。 ダニー・ドライブ・インで働くウエイトレ

記事を読む

シーラ・ダーリー

「マント」に登場する吸血鬼。 スティーヴンと同じ貸衣装屋からハロウィンの衣装を借り、それを着ること

記事を読む

ロバート・ウォラム

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 元は人間。最愛の恋人リーサとともに、幽霊屋敷と評判の城を

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑