*

ヘンリー・アーヴィング Sir Henry Irving

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

俳優。
シェイクスピア俳優として有名。ブラム・ストーカーが尊敬していた役者である。

アーヴィングは、新聞社の演劇部で、劇評などを書いていたストーカーを自分の劇団に引き抜き、秘書にした。
「吸血鬼ドラキュラ」執筆を後押しし、アルミニウス・ヴァンベーリとストーカーを引き合わせたのもアーヴィングである。

ストーカーが、「吸血鬼ドラキュラ」を書き上げると、アーヴィングは、それを自分の劇団の芝居にした。もちろん、ドラキュラ伯爵を演じたのはアーヴィングである。

ドラキュラを演じるアーヴィングの写真は、ペンギンブックスの「吸血鬼ドラキュラ」の表紙に使われたため、世界的に有名。
↓これが、アーヴィング演じるドラキュラ。

著者ストーカー自身が舞台に関っていた頃の、貴重な写真である。クリストファー・リーの方がいいや、というのは、言ってはいけない。

=旧ブログ時代に頂戴したコメント=
アーヴィング卿は1890年代から深刻な病気を患っており
舞台に立てる状況ではありませんでした。
彼は1892年以降は補助監督に退いています。

1897年「ドラキュラ」に関しては
本書発売と同時に小規模の公演が行われただけです。
ブラム・ストーカーは出演を希望したそうですが
アーヴィング卿はそれを承諾しませんでした。

ドラキュラが正式に舞台公演されたのは1920年、
アーヴィング卿の没年は1905年であるとされています。

アーヴィング卿はいつドラキュラを演じたのでしょうか
永遠の謎ですね
Posted by ☆ at 2012年04月08日 08:24

☆さん

詳しい情報ありがとうございます。
微妙に記事を修正し難いので、しばしこのまま放置させてください。
アーヴィング卿の「ドラキュラ姿」は、写真だけだったりして?
Posted by 管理人 at 2012年08月12日 17:17

関連記事

ジャネット・アシモフ Janet Asimov

アメリカのSF作家。アイザック・アシモフの夫人。 夫アイザックとの共著も多い。 ●ジャネット

記事を読む

チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。 小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。

記事を読む

ウィリアム・テン

SF作家。ひねりのあるストーリーと、軽妙な語り口の中に風刺を秘めた短編を得意とする。 ●ウィリ

記事を読む

オーガスト・ダーレス

アメリカの作家。ホラー、SF、ミステリの分野で活躍した。シャーロック・ホームズのパロディである、ソー

記事を読む

市川海老蔵(11代目)

歌舞伎役者。俳優。 2007年に、舞台「ドラクル」で吸血鬼:レイを演じた。 海老蔵バンパ

記事を読む

カレン・ロバーズ Karen Robards

アメリカの作家。どうやら、ロマンス系の作家らしい。 アメリカでは人気のある作家らしいが、邦訳はわず

記事を読む

ブラム・ストーカー Bram Stoker

「吸血鬼ドラキュラ」の著者。世界一有名な吸血鬼作家。(1847.11~1912/4 ダブリン

記事を読む

エドワード・D・ホック Edward Dentinger Hoch

アメリカの作家。怪盗ニック・ヴェルヴェット・シリーズの作者である。 ミステリ作家であるが、作品から

記事を読む

レスター・デル・リー

アメリカのSF作家。SF編集者でもある。 ●レスター・デル・リーの吸血鬼小説 「炎の十字架」

記事を読む

エドモンド・ハミルトン Edmond Moore Hamilton

アメリカの、SF作家。ホラーの著作も多い。 ●エドモンド・ハミルトンの吸血鬼小説 「吸血鬼の

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑