*

ヘンリー・アーヴィング Sir Henry Irving

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

俳優。
シェイクスピア俳優として有名。ブラム・ストーカーが尊敬していた役者である。

アーヴィングは、新聞社の演劇部で、劇評などを書いていたストーカーを自分の劇団に引き抜き、秘書にした。
「吸血鬼ドラキュラ」執筆を後押しし、アルミニウス・ヴァンベーリとストーカーを引き合わせたのもアーヴィングである。

ストーカーが、「吸血鬼ドラキュラ」を書き上げると、アーヴィングは、それを自分の劇団の芝居にした。もちろん、ドラキュラ伯爵を演じたのはアーヴィングである。

ドラキュラを演じるアーヴィングの写真は、ペンギンブックスの「吸血鬼ドラキュラ」の表紙に使われたため、世界的に有名。
↓これが、アーヴィング演じるドラキュラ。

著者ストーカー自身が舞台に関っていた頃の、貴重な写真である。クリストファー・リーの方がいいや、というのは、言ってはいけない。

=旧ブログ時代に頂戴したコメント=
アーヴィング卿は1890年代から深刻な病気を患っており
舞台に立てる状況ではありませんでした。
彼は1892年以降は補助監督に退いています。

1897年「ドラキュラ」に関しては
本書発売と同時に小規模の公演が行われただけです。
ブラム・ストーカーは出演を希望したそうですが
アーヴィング卿はそれを承諾しませんでした。

ドラキュラが正式に舞台公演されたのは1920年、
アーヴィング卿の没年は1905年であるとされています。

アーヴィング卿はいつドラキュラを演じたのでしょうか
永遠の謎ですね
Posted by ☆ at 2012年04月08日 08:24

☆さん

詳しい情報ありがとうございます。
微妙に記事を修正し難いので、しばしこのまま放置させてください。
アーヴィング卿の「ドラキュラ姿」は、写真だけだったりして?
Posted by 管理人 at 2012年08月12日 17:17

関連記事

種村季弘

ドイツ文学者。翻訳家。エッセイスト。 吸血鬼アンソロジー「ドラキュラ・ドラキュラ」を編み、吸血鬼の

記事を読む

ヘザー・グレアム Heather Graham

ミステリー、ファンタジーの作家。 ロマンスものも得意で、ハーレクインから多数の作品が出ている。

記事を読む

リチャード・マチスン Richard Burton Matheson

アメリカの作家。SF、ホラー、ファンタジーを得意とする。 巧みなストーリーテリングと、独特の味わい

記事を読む

デュラン・ディーコン夫人

「ロンドンの吸血鬼」事件の、9番目の被害者。事件の犯人である、ジョン・ジョージ・ヘイグと同じアパート

記事を読む

シリル・M・コーンブルース

アメリカのSF作家。15歳で執筆を始めた早熟の作家だが、34歳の若さで亡くなったため、完結した作品数

記事を読む

アーノルド・バーリン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジ

記事を読む

ベラ・ルゴシ Béla Lugosi

ドラキュラ役者として有名な俳優。 ブロードウエイの舞台「ドラキュラ」(1927年)と、映画

記事を読む

エドワード・D・ホック Edward Dentinger Hoch

アメリカの作家。怪盗ニック・ヴェルヴェット・シリーズの作者である。 ミステリ作家であるが、作品から

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6) 写実主義の

記事を読む

PAGE TOP ↑