*

ヘンリー・アーヴィング Sir Henry Irving

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

俳優。
シェイクスピア俳優として有名。ブラム・ストーカーが尊敬していた役者である。

アーヴィングは、新聞社の演劇部で、劇評などを書いていたストーカーを自分の劇団に引き抜き、秘書にした。
「吸血鬼ドラキュラ」執筆を後押しし、アルミニウス・ヴァンベーリとストーカーを引き合わせたのもアーヴィングである。

ストーカーが、「吸血鬼ドラキュラ」を書き上げると、アーヴィングは、それを自分の劇団の芝居にした。もちろん、ドラキュラ伯爵を演じたのはアーヴィングである。

ドラキュラを演じるアーヴィングの写真は、ペンギンブックスの「吸血鬼ドラキュラ」の表紙に使われたため、世界的に有名。
↓これが、アーヴィング演じるドラキュラ。

著者ストーカー自身が舞台に関っていた頃の、貴重な写真である。クリストファー・リーの方がいいや、というのは、言ってはいけない。

=旧ブログ時代に頂戴したコメント=
アーヴィング卿は1890年代から深刻な病気を患っており
舞台に立てる状況ではありませんでした。
彼は1892年以降は補助監督に退いています。

1897年「ドラキュラ」に関しては
本書発売と同時に小規模の公演が行われただけです。
ブラム・ストーカーは出演を希望したそうですが
アーヴィング卿はそれを承諾しませんでした。

ドラキュラが正式に舞台公演されたのは1920年、
アーヴィング卿の没年は1905年であるとされています。

アーヴィング卿はいつドラキュラを演じたのでしょうか
永遠の謎ですね
Posted by ☆ at 2012年04月08日 08:24

☆さん

詳しい情報ありがとうございます。
微妙に記事を修正し難いので、しばしこのまま放置させてください。
アーヴィング卿の「ドラキュラ姿」は、写真だけだったりして?
Posted by 管理人 at 2012年08月12日 17:17

関連記事

アルミニウス・ヴァンベーリ

ブタペスト大学の東洋語の教授。 20ヶ国語をマスターした語学の天才。 マルコ・ポーロの研究のため

記事を読む

ジョン・ラッツ John Thomas Lutz

アメリカのミステリ作家。 シリーズものとしては、私立探偵アロー・ナジャー・シリーズ、私立探偵フレッ

記事を読む

シリル・M・コーンブルース

アメリカのSF作家。15歳で執筆を始めた早熟の作家だが、34歳の若さで亡くなったため、完結した作品数

記事を読む

マイク・レズニック Michael Resnick

アメリカのSF作家。(ミステリも書く) スケールの大きいSF作品を得意とする。 ●マイク・レ

記事を読む

W・R・フィルブリック W. R. Philbrick

ミステリ作家(多分)。 日本で、現在読める作品は、2作のみ(多分)。 そのうちの1作が吸血鬼小説

記事を読む

レスター・デル・リー

アメリカのSF作家。SF編集者でもある。 ●レスター・デル・リーの吸血鬼小説 「炎の十字架」

記事を読む

ウィリアム・テン

SF作家。ひねりのあるストーリーと、軽妙な語り口の中に風刺を秘めた短編を得意とする。 ●ウィリ

記事を読む

ドロシー・ピーターソン

アメリカの女優。1927年の「ドラキュラ」ブロードウエイ公演で、ルーシー役を演じた。 舞台にも何本

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

PAGE TOP ↑