*

タチアーナ・ラティアーヌ

「夜だけの恋人」に登場する吸血鬼。
スティーブの恋人。気立ての良い美人。ルーマニア貴族の末裔。
吸血鬼であることを隠してスティーブと付き合っているが、ばれてしまい、絶望して、で胸を挿して自殺を図ろうとする。止めに入ったスティーブとともに、ジャッド先生のアドバイスを聞き、医学の力で吸血の欲求を解消し、晴れてスティーブと結婚する。

●吸血鬼としての特徴
・日の光が苦手
・真夜中に、交差する道の真ん中で杭を打たれると身が滅んでしまう
・子供を犠牲者に選び(大人は怖いので)、血を吸い尽くさないように、一人から吸う量をセーブしている

関連記事

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。

記事を読む

ヴァージニア・ネヴィル

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。 主人公ロバートの妻。吸血鬼バチルスに感染し、吸血鬼となる。ロバートを

記事を読む

スミス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 ドーカスという娘に血を吸われ、吸血鬼になってしまう。 几帳面

記事を読む

ドロレス

「心中の虫」の登場人物。夢のような恋と結婚に憧れている娘。 心中の虫にうまい結婚話を持ちかけられて

記事を読む

ハロルド・スワッファム

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 昔から幽霊が出ることで有名な、ベールブラウ荘の持ち主、スワ

記事を読む

ウィルフレッド・マキシム軍曹

「生ける亡者の恐怖」に登場する吸血鬼。 ワイオミングのフェッターマン砦で軍務に就いていたが、砦

記事を読む

チャーリー・デナム

ヘンリー・カットナー著「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する妻のロザモンドも吸血鬼である。

記事を読む

ピエール・フュテーヌ

「わたしは、吸血鬼」に登場する吸血鬼。遠い昔に、吸血鬼の餌食になり、自らも吸血鬼になった。 ハーデ

記事を読む

レナ・ユングフォルト

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼に襲われる被害者。 ベールブラウ荘の持ち主、スワッファ

記事を読む

フラムヒェン・ハールヘーファー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 カール・ハールヘーファーの姉。弟カールに吸血され、吸血鬼になる。

記事を読む

PAGE TOP ↑