*

タチアーナ・ラティアーヌ

「夜だけの恋人」に登場する吸血鬼。
スティーブの恋人。気立ての良い美人。ルーマニア貴族の末裔。
吸血鬼であることを隠してスティーブと付き合っているが、ばれてしまい、絶望して、で胸を挿して自殺を図ろうとする。止めに入ったスティーブとともに、ジャッド先生のアドバイスを聞き、医学の力で吸血の欲求を解消し、晴れてスティーブと結婚する。

●吸血鬼としての特徴
・日の光が苦手
・真夜中に、交差する道の真ん中で杭を打たれると身が滅んでしまう
・子供を犠牲者に選び(大人は怖いので)、血を吸い尽くさないように、一人から吸う量をセーブしている

関連記事

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。 以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村

記事を読む

ベン・コートマン

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公ロバート・ネヴィルの隣人。「新しい人類たち」に殺される。 ●

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

K

「血の季節」の登場人物。ルルベルに吸血される。 吸血されたために、犬歯が伸びるなどの、吸血鬼化の兆

記事を読む

スティーブ・ジャッド

「夜だけの恋人」の登場人物。ジャッド医師の息子で、自らも医学生。 タチアーナを、吸血鬼とは知らずに

記事を読む

チャーリー・デナム

ヘンリー・カットナー著「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する妻のロザモンドも吸血鬼である。

記事を読む

パウル・フォン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。故郷はオーストリア。 第一次大戦中に生き別れた弟のヨハンを探してアメ

記事を読む

マリラ

「お客様はどなた?」に登場する吸血鬼。彼女の弟が言うには(弟も吸血鬼)、犠牲者の選択がうまく、吸血の

記事を読む

R・M・レンフィールド

ブラム・ストーカー著「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ジョン・セワードの精神病院に入院する患者

記事を読む

マリー

ロバート・ブロック作「コウモリはわが兄弟」の登場人物。 ダニー・ドライブ・インで働くウエイトレ

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑