*

夜だけの恋人

公開日: : 吸血鬼小説

ウィリアム・テン

※ネタバレしています※

グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで人格者。土地の人々に尊敬されている。その息子のスティーブが恋におち、夜中恋人と過ごして、朝方帰ってくるようになった。
同じ頃、グロッパの子供たちに、血球が減る奇病がはやりだす。

ある日、ジャッド先生が往診先から持って帰ったハンカチ(往診先の家の人たちは、見たことが無いと言った)をスティーブが見て、「恋人のタチアーナのものだ」と言う。それを聞いたトムは、直感でタチアーナが吸血鬼であると悟る。
トムはスティーブに、彼女が吸血鬼に違いないことを話すと、スティーブは、タチアーナの元に直行し、真偽を問いただす。
タチアーナは、スティーブにすべてを告白。二人は、父親のジャッド医師に相談し、医学の力でのろわれた吸血鬼の運命を乗り越えることに成功する。

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
・真夜中に、交差する道の真ん中でを打たれると身が滅んでしまう(ただ杭を打つだけでは不十分なのだろうか?)

●ジャッド医師の吸血鬼治療法
・日光が苦手→サングラスをかけさせ、ホルモン注射をする
・吸血の欲求→乾燥血液を、毎晩水に溶かして飲む
↑以上の方法で、問題なし、とのこと。

《邦訳状況》
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔」に収録。鈴木絵美訳。
●創元SF文庫「ウィリアム・テン短編集2」に、「彼女は夜しか外出しない」のタイトルで収録。中村保男訳。
●文化出版局「吸血鬼は夜恋をする」に、「吸血鬼は夜恋をする」のタイトルで収録。伊藤典夫訳。

関連記事

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

一九四四年のドラキュラ

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑