*

パウル・フォン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。故郷はオーストリア。
第一次大戦中に生き別れた弟のヨハンを探してアメリカにわたってきたが、ヨハンによって、吸血鬼にされてしまった。

●吸血鬼としての特徴
・写真に写らない
・首から血を吸う
・昼間は棺の中で眠っている
・胸にを打って殺すことができる

関連記事

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ著「マグナス伯爵」に登場する吸血鬼。 もっとも、作中では、はっきり吸血鬼とは

記事を読む

R・M・レンフィールド

ブラム・ストーカー著「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ジョン・セワードの精神病院に入院する患者

記事を読む

ロバート・ネヴィル

小説「吸血鬼」の主人公。36歳。 自分以外が全員吸血鬼になってしまった町で、吸血鬼よけの方法を日々

記事を読む

ロミュオー

「死霊の恋」の吸血鬼クラリモンドに血を吸われる犠牲者。 僧でありながら死者であるクラリモンドと恋に

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

ハロルド・スワッファム

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 昔から幽霊が出ることで有名な、ベールブラウ荘の持ち主、スワ

記事を読む

スティーヴン・ヘンダースン

「マント」に登場する吸血鬼。 吸血鬼にマントをもらい、それを着ることにより吸血鬼化する珍しいタイプ

記事を読む

スティーブ・ジャッド

「夜だけの恋人」の登場人物。ジャッド医師の息子で、自らも医学生。 タチアーナを、吸血鬼とは知らずに

記事を読む

フェルディナン・ポワトヴァン

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。大吸血鬼:ドラキュラ伯爵と、人間の女の間にできた子供である。幼少期を

記事を読む

ズデンカ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。典型的なスラヴ美人。 セルビアのある村に住む。 家族に吸血され

記事を読む

PAGE TOP ↑