*

ジュリー・ランプリング

「ランプリング・ゲートの主」のヒロイン。

ランプリング家が代々持つ古い屋敷に住む、ハンサムな吸血鬼のとりこになってしまう。
彼に血を吸われ、自分も吸血鬼になる。

●「ランプリング・ゲートの主」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編1」

関連記事

ジョー

「狼女」の登場人物。 半エスキモー、半インディアンの老人。モデルに生き写しの彫刻を作る腕を持つ。

記事を読む

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード作「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。 クリスチーナは、

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

ドラキュラ伯爵 Dracula

ブラム・ストーカー(Bram Stoker:英)が1897年に著した「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸

記事を読む

ヴラド・ツェペシュ(「一九四四年のドラキュラ」の)

「一九四四年のドラキュラ」に登場する吸血鬼。 ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」に登場す

記事を読む

クリストファー・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公。 作家。 吸血鬼マニアで、自分も吸血鬼小説を書いている。処女作は

記事を読む

ノスフェラトゥ(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。(登場とは言っても、主人公の祖父の記憶として語られるだけだが) 主

記事を読む

コルネリウス・ド・ヴィンダウ男爵

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。 ハンガリアの、朽ちかけた屋敷(近隣住民の悪い噂が絶えない)に住む。世

記事を読む

エッツェリン・フォン・クラトカ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 本当は、100年以上前に死んだ人間。本名を名乗ると、正体がばれて

記事を読む

ムッシュー

「暗い夜明け」に登場する吸血鬼。 ハイチの島の、海辺の洞窟に住んでいる。 何世紀も吸血を続け

記事を読む

PAGE TOP ↑