*

ジュリー・ランプリング

「ランプリング・ゲートの主」のヒロイン。

ランプリング家が代々持つ古い屋敷に住む、ハンサムな吸血鬼のとりこになってしまう。
彼に血を吸われ、自分も吸血鬼になる。

●「ランプリング・ゲートの主」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編1」

関連記事

スタムウェル教授

「狼女」の登場人物。 死者を蘇生させる方法を発見した科学者。氷河の中に眠っていたマンモスと、狼を操

記事を読む

クリストファー・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公。 作家。 吸血鬼マニアで、自分も吸血鬼小説を書いている。処女作は

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

ベン・コートマン

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公ロバート・ネヴィルの隣人。「新しい人類たち」に殺される。 ●

記事を読む

オポルチェンスカ公爵夫人

「墓地の管理人」に登場する吸血鬼。 ロシア人か、ブルガリア人かどちらか不明。生前は大金持ちだっ

記事を読む

ドロレス

「心中の虫」の登場人物。夢のような恋と結婚に憧れている娘。 心中の虫にうまい結婚話を持ちかけられて

記事を読む

フリッツ

「吸血機伝説」に登場する吸血鬼。地球最後の吸血鬼である。 墓地の中で、ロボットと一緒に暮らして

記事を読む

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。 多分、若い娘

記事を読む

ジーン・ハバット

「わたしは、吸血鬼」の登場人物。 ハリウッドの女優。マートの恋人。 吸血鬼フュテーヌの生前の恋人

記事を読む

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、

記事を読む

PAGE TOP ↑