*

パプリカ・ヘンドル

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 吸血鬼とお料理

吸血鬼にちなんだ料理と言えば、なんと言ってもパプリカ・ヘンドル
ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」の冒頭に登場するため、印象の強い料理である。

「吸血鬼ドラキュラ」の主人公:ジョナサン・ハーカーは、この料理を気に入り、調理法を聞いて、婚約者ミナに教えようと日記に記している。

●このシーンから分かること
①ハーカーが、パプリカ・ヘンドルを食べるのは、クラウゼンブルグホテル・ロエール
②トウガラシで調理したチキンである
③辛いらしい(後で喉が渇くとのこと)
④ホテルの給仕いわく、「この土地の郷土料理」。カルパチア地方ではどこでも出るらしい

パプリカ・ヘンドルのレシピは、探しても不思議に見つからない。しかし、以前挨拶程度の話しをしたルーマニアに住んだことのある方には、「ごく普通の料理です」と聞いたように記憶しているので、存在しない料理ではあるまい。
レシピの見つかるものでは、パプリカーシュという料理が近いのではないかと思う。(推測ですが)
パプリカーシュは、ルーマニアやハンガリーなどで食べられているチキンのパプリカ煮込みである。(参考:パプリカーシュ

関連記事

ロバー・ステーク

ロバー・ステーク(どろぼう焼き)とは、ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」に出てくる料理である。

記事を読む

チャー(またはスカー)

「墓地の管理人」に登場する飲み物。 暖かく、甘い植物の香りがし、黒っぽい液体。飲むと、全身が温

記事を読む

吸血鬼の名が付くお料理

世の中には、吸血鬼関係のワードが入った名前のお料理が結構ある。 ちょっと変わったネーミングが好きな

記事を読む

ローストチキン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ城に主人公ハーカーが着いた夜、ドラキュラ城

記事を読む

ママリガ

ママリガは、ブラム・ストーカー著「吸血鬼ドラキュラ」に登場する。ルーマニアの代表的な料理。代表的とい

記事を読む

インプレタタ

インプレタタは、ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」に登場するルーマニアの料理。ナスのひき肉詰め

記事を読む

PAGE TOP ↑