*

お冬

「一本足の女」に登場する美しい女の吸血鬼。片足をなくしている(傷跡から、獣に食いちぎられたと思われる)。
血を舐めるのを好むが、自ら犠牲者に噛み付くことはせず、夫に人を斬らせて、血を集めさせる。
普通の食事もでき、血が無いと活動できないということもないので、厳密に言うと「吸血鬼」とは違うという見方もある。

生い立ちは、本人曰く「親の顔を知らず、何度か人に拾われてもすぐに捨てられ、乞食をして生きてきた」とのこと。
美貌のためか、人をひきつける怪しさがある。片足にも関わらず、男よりも速く走り、船でも追いつけないスピードで泳ぐこともできる。このような、尋常でない力のあるところを見ると、人間ではなく、妖怪や魔物の類である可能性も高い。

血に関しては、グルメ思考で、人間の血しか好まない(犬は嫌いらしい)。また、血を味わうだけで、血の持ち主の性別や年齢を当てることができる「利き血」のような能力がある。

関連記事

モーツェック軍曹

「最後の手段」の登場人物。 26年間も軍務に就いている。 ベトナムで従軍している間、部下のス

記事を読む

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。 多分、若い娘

記事を読む

ラウール

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。 フルーレットの従者。フルーレットの供をして、フォスフラム城に

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

カーカー族

アントニー・バウチャー作「噛む」に登場する吸血鬼。 アメリカ西部の町の、ある屋敷に住み着いている。

記事を読む

ルートヴィヒ・フォン・カルデンシュタイン伯爵

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 正方形で、四つの角に小塔が立った小さな城に住

記事を読む

エリザベート・ド・フンファルビ

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。 ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために

記事を読む

ドレーク

「隠れ家の吸血鬼」に登場する吸血鬼。 ニューオリンズの、古い屋敷の地下室で眠っていたが、ラムデ

記事を読む

幼女殺人の犯人

「血の季節」に登場する吸血鬼。全編にわたって登場する主人公でありながら、名前が明らかにされていない。

記事を読む

ジュリー・ランプリング

「ランプリング・ゲートの主」のヒロイン。 ランプリング家が代々持つ古い屋敷に住む、ハンサムな吸

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑