*

エーリッヒ

「夜だけの男」に登場する吸血鬼。

ドイツの旧家の出身らしい。
ヨーロッパを各国放浪し、先祖の墓土を持って、アメリカに移住してきた。(NYが結構気に入っている)
アメリカでは、人を襲って血を吸うが、「吸血鬼事件」と気づかれたくないために、ナイフで吸血跡を消している。

●特徴
・夜だけ活動し、昼は、ヨーロッパから持ち込んだ墓塚で眠っている
・喉から血を吸う
・怪力
・コウモリの羽根で空を飛べる
・ナイフで刺されても死なない
ドラキュラ

●「夜だけの男」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ジョナサン・ハーカー Jonathan Harker

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の主人公。ロンドンに住む青年。弁理士事務所に勤め、自分も弁理

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

ドラキュラ伯爵(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公フェルディナンの父親。 本作独自の設定で、ノスフェラトゥの息

記事を読む

ジョン・セワード John Seward

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 秀でた額と、角ばった顎を持つ紳士。 職

記事を読む

グレアム・キーン

「コウモリはわが兄弟」に登場する吸血鬼。 吸血鬼による社会の支配を目指す吸血鬼に、その活動の助

記事を読む

オルラ

モーパッサン著「オルラ」に登場する、吸血鬼らしき怪物。 「吸血鬼らしい」のであって、「吸血鬼だ」と

記事を読む

スミス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 ドーカスという娘に血を吸われ、吸血鬼になってしまう。 几帳面

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

バイロン・ルスヴェン

「吸血鬼の夢」に登場する吸血鬼。 ハリウッドで、吸血鬼俳優として活躍したが、25年前に引退した

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑