*

エーリッヒ

「夜だけの男」に登場する吸血鬼。

ドイツの旧家の出身らしい。
ヨーロッパを各国放浪し、先祖の墓土を持って、アメリカに移住してきた。(NYが結構気に入っている)
アメリカでは、人を襲って血を吸うが、「吸血鬼事件」と気づかれたくないために、ナイフで吸血跡を消している。

●特徴
・夜だけ活動し、昼は、ヨーロッパから持ち込んだ墓塚で眠っている
・喉から血を吸う
・怪力
・コウモリの羽根で空を飛べる
・ナイフで刺されても死なない
ドラキュラ

●「夜だけの男」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ノスフェラトゥ(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。(登場とは言っても、主人公の祖父の記憶として語られるだけだが) 主

記事を読む

ルルベル

「血の季節」に登場する吸血鬼。 駐日ヘルヴェティア公使の娘。金髪碧眼の美少女。亡くなった母親に生き

記事を読む

サラ

「影のない男」に登場する吸血鬼。 原因不明の伝染病の元凶になったとして、殺された女。「鬼女サラ」と

記事を読む

イローナ・ラスロ

「ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ」に登場する吸血鬼。 ハンガリー人。ドン・カルロス・リベイ

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

フェオドル・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 1645年に亡くなっているはずなのだが、生前

記事を読む

コルネリウス・ド・ヴィンダウ男爵

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。 ハンガリアの、朽ちかけた屋敷(近隣住民の悪い噂が絶えない)に住む。世

記事を読む

ロザモンド・デナム

ヘンリー・カットナー作「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する夫のチャーリーも吸血鬼である。

記事を読む

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。 登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。 多分、若い娘

記事を読む

ジョー

「狼女」の登場人物。 半エスキモー、半インディアンの老人。モデルに生き写しの彫刻を作る腕を持つ。

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑