*

ロキュラダ

「ロキュラダおじさん」に登場する吸血鬼。

一見、フロリダで気ままに暮らしているご隠居さん。ハンサムで、黒っぽい服を着ている。愛車は黒のコルヴェット。(多分、お金持ち)いつでも、部屋のカーテンを閉め切っている。
近所付き合いはあまりしないのに、マデリンには積極的に近づいてくる。

ロキュラダが、「吸血鬼」である証拠は無く、はっきりした吸血シーンもない。
彼が、どこで、どのように吸血鬼になったのかも不明である。

●吸血鬼としての能力・外見的特徴
・夜しか出歩かない
・日焼けした浅黒い肌
・黒い髪
・きれいすぎる歯
・じめじめした地下室のような匂いがする
・「五茫星形」のペンダントをしている
・多分、翼で空を飛べる

●「ロキュラダおじさん」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編2」

関連記事

ペトロフ・スキンスキー

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 スロヴァキア人の商人。 ロンドンからガ

記事を読む

ルルベル

「血の季節」に登場する吸血鬼。 駐日ヘルヴェティア公使の娘。金髪碧眼の美少女。亡くなった母親に生き

記事を読む

ロザモンド・デナム

ヘンリー・カットナー作「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する夫のチャーリーも吸血鬼である。

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。 以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村

記事を読む

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。

記事を読む

心中の虫

「心中の虫」の主人公。放射能汚染により生まれた吸血鬼。 人の心を読む術を持っており、そのために作品

記事を読む

スティーヴン・ヘンダースン

「マント」に登場する吸血鬼。 吸血鬼にマントをもらい、それを着ることにより吸血鬼化する珍しいタイプ

記事を読む

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。

記事を読む

ラウシュ大佐

「一九四四年のドラキュラ」の主人公シュレンベルク大尉の上司。 ブラド・ツェペシュにより、吸血鬼

記事を読む

ヴラド・ツェペシュ(「一九四四年のドラキュラ」の)

「一九四四年のドラキュラ」に登場する吸血鬼。 ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」に登場す

記事を読む

PAGE TOP ↑