*

エリザベート・ド・フンファルビ

公開日: : 最終更新日:2014/11/25 吸血鬼関連〈架空〉人名簿

「吸血鬼」の登場人物。ハンガリアの城に住む、内気で繊細な乙女。
ヴィンダウ男爵の求婚を断ったために、吸血鬼化した男爵の犠牲者となって死ぬ。
吸血鬼の犠牲者なので、エリザベートも吸血鬼になる可能性があるように思われるが、物語の中ではその点に触れられていない。

吸血されたことと関係があるのかどうか不明だが、彼女の父は、トルコ軍との戦いで、トランシルヴァニアの奥地で命を落としている。

関連記事

ヴァージニア・ネヴィル

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。 主人公ロバートの妻。吸血鬼バチルスに感染し、吸血鬼となる。ロバートを

記事を読む

チェルニー伯爵

「影のない男」に登場する吸血鬼。「チェルニー伯爵」は偽名で、本名はロヨシュ・ツツロン男爵。

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

クレッシー中尉

「狼女」の登場人物。 スタムウェル教授に同行し、ローガン山に登る。教授の死者蘇生術に、ひそかに疑問

記事を読む

フランチスカ・フォン・フォーネンベルク

「謎の男」のヒロイン。 オーストリアの勲爵士の娘。 気が強く、ありきたりなことを好まない美人

記事を読む

ノスフェラトゥ(「パリ吸血鬼」の)

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。(登場とは言っても、主人公の祖父の記憶として語られるだけだが) 主

記事を読む

アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

ジョー

「狼女」の登場人物。 半エスキモー、半インディアンの老人。モデルに生き写しの彫刻を作る腕を持つ。

記事を読む

ジュリー・ランプリング

「ランプリング・ゲートの主」のヒロイン。 ランプリング家が代々持つ古い屋敷に住む、ハンサムな吸

記事を読む

PAGE TOP ↑