*

ローレンス・ワット・エヴァンズ Lawrence Watt Evans

アメリカのSF作家。
化学者を父に持つ。父の読んでいたSFに手を出し、自らもSFファンになり、様々な職業を転々としながら創作を行った。

●ローレンス・ワット・エヴァンズの吸血鬼小説
「恐怖の名前」……現在のところ、この一作のみらしい。本来は、正統派のSF作家である。

関連記事

ジョン・ラッツ John Thomas Lutz

アメリカのミステリ作家。 シリーズものとしては、私立探偵アロー・ナジャー・シリーズ、私立探偵フレッ

記事を読む

種村季弘

ドイツ文学者。翻訳家。エッセイスト。 吸血鬼アンソロジー「ドラキュラ・ドラキュラ」を編み、吸血鬼の

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

エドワード・ヴァン・スローン Edward Van Sloan

アメリカの俳優。舞台、映画に出演した。 ブロードウエイ版の舞台「ドラキュラ」と映画「魔人ドラキュラ

記事を読む

ラムジー・キャンベル John Ramsey Campbell

イギリスのホラー作家。 イギリスでは大物のはずだが、なぜか邦訳書が少ない気がする。 「神話」系の

記事を読む

チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。 小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。

記事を読む

ベラ・ルゴシ Béla Lugosi

ドラキュラ役者として有名な俳優。 ブロードウエイの舞台「ドラキュラ」(1927年)と、映画

記事を読む

ルイ=セバスチャン・メルシェ

フランスの作家。幻想、SFの風味のある文学を多く残している。 ●ルイ=セバスチャン・メルシェの

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

ヘザー・グレアム Heather Graham

ミステリー、ファンタジーの作家。 ロマンスものも得意で、ハーレクインから多数の作品が出ている。

記事を読む

PAGE TOP ↑