*

アーノルド・バーリン

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジョン・ジョージ・ヘイグを逮捕する、直接のきっかけを作った人。

バーリン氏は、妹ローズから、「自分達の別荘を売却する広告を出したら、ヘイグという人が、言い値の倍近い金額で買おうと言ってきた」との話を聞いたときから、「どうもヘイグはまともな人間ではない」と感じていた。
その後、ヘンダーソン夫妻は消息を絶ち、財産などの、すべての後始末をヘイグがしていることを知ったバーリン氏は、ヘイグを疑い、警察に知らせるつもりだとヘイグに言う。しかし、筆跡を偽造するのが得意なヘイグ(詐欺の前科が複数ある)は、ローズの筆跡を真似てバーリンに手紙を書き、うまくだましてしまった。手紙の内容は、「イギリスを離れ、南アフリカに移住する」というもの。ヘイグは、南アフリカの新しい住所も、もっともらしく書き添えた。
しばらくは、バーリン氏もだまされていたが、母親の危篤を知らせる手紙を南アフリカに送っても、ローズが何の返事もよこさないことから、再び状況を疑い始める。
バーリン氏はヘイグに電話し、「ロンドンの警察に行こうと思う」と話した。
するとヘイグは、「その前にうちに寄ってください」と言った。(ヘイグは、バーリン氏とその家族を殺してしまうつもりだった)
しかし、危篤だった母親が亡くなったため、バーリン氏はすぐにはロンドンに出てこられなかった。これが、バーリン氏の命を救ったのである。
母親を見送った翌日、バーリン氏は何気なく新聞を読んでいて、「デュラン・ディーコン夫人が失踪。失踪した日に、ジョン・ジョージ・ヘイグという男と会っていた」との記事を発見。ヘイグが殺人鬼だと悟る。
バーリン氏は、警察に通報し、ヘイグが逮捕された。

関連記事

エドモンド・ハミルトン Edmond Moore Hamilton

アメリカの、SF作家。ホラーの著作も多い。 ●エドモンド・ハミルトンの吸血鬼小説 「吸血鬼の

記事を読む

アーチボルド・ヘンダーソン

ロンドンの吸血鬼事件の、6番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、

記事を読む

ラムジー・キャンベル John Ramsey Campbell

イギリスのホラー作家。 イギリスでは大物のはずだが、なぜか邦訳書が少ない気がする。 「神話」系の

記事を読む

ハーバート・バンストン

俳優。1927年のブロードウエイ版「ドラキュラ」と、映画「魔人ドラキュラ」でセワード医師を演じた。

記事を読む

アルビン・グラウ Albin Grau

舞台装置デザイナー、建築家、画家。映画ノスフェラトゥで、美術デザインを担当した。オルロック伯爵の「鼠

記事を読む

倉橋由美子

日本の作家。クールに世相を描く小説も書くが、幻想・SF風味の作品も多い。翻訳も行った。 ●倉橋

記事を読む

ロン・ディー Ron Dee

怪奇・幻想系の作家らしい。 邦訳作品も、資料も少なく、これ以上のことは不明。 ●ロン・ディー

記事を読む

エドワード・ヴァン・スローン Edward Van Sloan

アメリカの俳優。舞台、映画に出演した。 ブロードウエイ版の舞台「ドラキュラ」と映画「魔人ドラキュラ

記事を読む

フレデリック・カウルズ Frederick Cowles

イギリスのホラー作家。(1900~1949) 翻訳されている作品は、「カルデンシュタインの吸血鬼」

記事を読む

エド・ゴーマン Edward Gorman

アメリカの作家。ミステリや、怪奇ものが多数訳されている。 ●エド・ゴーマンの吸血鬼小説 「選

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑