*

アーノルド・バーリン

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジョン・ジョージ・ヘイグを逮捕する、直接のきっかけを作った人。

バーリン氏は、妹ローズから、「自分達の別荘を売却する広告を出したら、ヘイグという人が、言い値の倍近い金額で買おうと言ってきた」との話を聞いたときから、「どうもヘイグはまともな人間ではない」と感じていた。
その後、ヘンダーソン夫妻は消息を絶ち、財産などの、すべての後始末をヘイグがしていることを知ったバーリン氏は、ヘイグを疑い、警察に知らせるつもりだとヘイグに言う。しかし、筆跡を偽造するのが得意なヘイグ(詐欺の前科が複数ある)は、ローズの筆跡を真似てバーリンに手紙を書き、うまくだましてしまった。手紙の内容は、「イギリスを離れ、南アフリカに移住する」というもの。ヘイグは、南アフリカの新しい住所も、もっともらしく書き添えた。
しばらくは、バーリン氏もだまされていたが、母親の危篤を知らせる手紙を南アフリカに送っても、ローズが何の返事もよこさないことから、再び状況を疑い始める。
バーリン氏はヘイグに電話し、「ロンドンの警察に行こうと思う」と話した。
するとヘイグは、「その前にうちに寄ってください」と言った。(ヘイグは、バーリン氏とその家族を殺してしまうつもりだった)
しかし、危篤だった母親が亡くなったため、バーリン氏はすぐにはロンドンに出てこられなかった。これが、バーリン氏の命を救ったのである。
母親を見送った翌日、バーリン氏は何気なく新聞を読んでいて、「デュラン・ディーコン夫人が失踪。失踪した日に、ジョン・ジョージ・ヘイグという男と会っていた」との記事を発見。ヘイグが殺人鬼だと悟る。
バーリン氏は、警察に通報し、ヘイグが逮捕された。

関連記事

ドロシー・ピーターソン

アメリカの女優。1927年の「ドラキュラ」ブロードウエイ公演で、ルーシー役を演じた。 舞台にも何本

記事を読む

F・マリオン・クロフォード Francis Marion Crawford

最近は、ファンタジー作家として知られているが、時代小説も、ホラーもイケる。ホラーは、「上段寝台」「泣

記事を読む

A・K・トルストイ Aleksei Konstantinovich Tolstoi

ロシアの作家、劇作家。略さずに日本語で書くと、アレクセイ・コンスタノビッチ・トルストイ。「戦争と平和

記事を読む

カレン・ロバーズ Karen Robards

アメリカの作家。どうやら、ロマンス系の作家らしい。 アメリカでは人気のある作家らしいが、邦訳はわず

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

平井呈一

翻訳家。(1902年 東京生) 日本で、最初に「吸血鬼ドラキュラ」を完訳した人。 怪奇小説、推理

記事を読む

マックス・シュレック

映画「ノスフェラトゥ」で吸血鬼:オルロック伯爵を演じた俳優。 ラインハルト劇団を経て、映画と舞

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

エドモンド・ハミルトン Edmond Moore Hamilton

アメリカの、SF作家。ホラーの著作も多い。 ●エドモンド・ハミルトンの吸血鬼小説 「吸血鬼の

記事を読む

ウィリアム・テン

SF作家。ひねりのあるストーリーと、軽妙な語り口の中に風刺を秘めた短編を得意とする。 ●ウィリ

記事を読む

PAGE TOP ↑