*

アーノルド・バーリン

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジョン・ジョージ・ヘイグを逮捕する、直接のきっかけを作った人。

バーリン氏は、妹ローズから、「自分達の別荘を売却する広告を出したら、ヘイグという人が、言い値の倍近い金額で買おうと言ってきた」との話を聞いたときから、「どうもヘイグはまともな人間ではない」と感じていた。
その後、ヘンダーソン夫妻は消息を絶ち、財産などの、すべての後始末をヘイグがしていることを知ったバーリン氏は、ヘイグを疑い、警察に知らせるつもりだとヘイグに言う。しかし、筆跡を偽造するのが得意なヘイグ(詐欺の前科が複数ある)は、ローズの筆跡を真似てバーリンに手紙を書き、うまくだましてしまった。手紙の内容は、「イギリスを離れ、南アフリカに移住する」というもの。ヘイグは、南アフリカの新しい住所も、もっともらしく書き添えた。
しばらくは、バーリン氏もだまされていたが、母親の危篤を知らせる手紙を南アフリカに送っても、ローズが何の返事もよこさないことから、再び状況を疑い始める。
バーリン氏はヘイグに電話し、「ロンドンの警察に行こうと思う」と話した。
するとヘイグは、「その前にうちに寄ってください」と言った。(ヘイグは、バーリン氏とその家族を殺してしまうつもりだった)
しかし、危篤だった母親が亡くなったため、バーリン氏はすぐにはロンドンに出てこられなかった。これが、バーリン氏の命を救ったのである。
母親を見送った翌日、バーリン氏は何気なく新聞を読んでいて、「デュラン・ディーコン夫人が失踪。失踪した日に、ジョン・ジョージ・ヘイグという男と会っていた」との記事を発見。ヘイグが殺人鬼だと悟る。
バーリン氏は、警察に通報し、ヘイグが逮捕された。

関連記事

シーバリー・クイン

アメリカの怪奇小説作家。ウィアード・テールズなどで活躍した。オカルト探偵ジュール・ド・グランダンのシ

記事を読む

ラムジー・キャンベル John Ramsey Campbell

イギリスのホラー作家。 イギリスでは大物のはずだが、なぜか邦訳書が少ない気がする。 「神話」系の

記事を読む

ローレンス・ワット・エヴァンズ Lawrence Watt Evans

アメリカのSF作家。 化学者を父に持つ。父の読んでいたSFに手を出し、自らもSFファンになり、様々

記事を読む

小泉喜美子

推理作家。元生島治郎の妻。 英語に堪能で、翻訳も手がけた。 海外文学を愛し、自らの小説にも、

記事を読む

ヘザー・グレアム Heather Graham

ミステリー、ファンタジーの作家。 ロマンスものも得意で、ハーレクインから多数の作品が出ている。

記事を読む

フローレンス・アン・レモン・バルコム・ストーカー

ブラム・ストーカーの妻。 1878年にストーカーと結婚する前に、オスカー・ワイルドに求婚され、断っ

記事を読む

M・R・ジェイムズ Montague Rhodes James

モンタギュ・ローズ・ジェイムズ。(1862~1936) イギリスの怪奇小説作家にして、考古学者、古

記事を読む

アルビン・グラウ Albin Grau

舞台装置デザイナー、建築家、画家。映画ノスフェラトゥで、美術デザインを担当した。オルロック伯爵の「鼠

記事を読む

種村季弘

ドイツ文学者。翻訳家。エッセイスト。 吸血鬼アンソロジー「ドラキュラ・ドラキュラ」を編み、吸血鬼の

記事を読む

ルイージ・カプアーナ Luigi Capuana

イタリア自然主義の作家。童話・評論も書いている。 ホラー作家ではないのだが、作品の邦訳状況からする

記事を読む

PAGE TOP ↑