*

アーノルド・バーリン

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の犠牲者ローズ・ヘンダーソンの兄。「ロンドンの吸血鬼」事件の犯人ジョン・ジョージ・ヘイグを逮捕する、直接のきっかけを作った人。

バーリン氏は、妹ローズから、「自分達の別荘を売却する広告を出したら、ヘイグという人が、言い値の倍近い金額で買おうと言ってきた」との話を聞いたときから、「どうもヘイグはまともな人間ではない」と感じていた。
その後、ヘンダーソン夫妻は消息を絶ち、財産などの、すべての後始末をヘイグがしていることを知ったバーリン氏は、ヘイグを疑い、警察に知らせるつもりだとヘイグに言う。しかし、筆跡を偽造するのが得意なヘイグ(詐欺の前科が複数ある)は、ローズの筆跡を真似てバーリンに手紙を書き、うまくだましてしまった。手紙の内容は、「イギリスを離れ、南アフリカに移住する」というもの。ヘイグは、南アフリカの新しい住所も、もっともらしく書き添えた。
しばらくは、バーリン氏もだまされていたが、母親の危篤を知らせる手紙を南アフリカに送っても、ローズが何の返事もよこさないことから、再び状況を疑い始める。
バーリン氏はヘイグに電話し、「ロンドンの警察に行こうと思う」と話した。
するとヘイグは、「その前にうちに寄ってください」と言った。(ヘイグは、バーリン氏とその家族を殺してしまうつもりだった)
しかし、危篤だった母親が亡くなったため、バーリン氏はすぐにはロンドンに出てこられなかった。これが、バーリン氏の命を救ったのである。
母親を見送った翌日、バーリン氏は何気なく新聞を読んでいて、「デュラン・ディーコン夫人が失踪。失踪した日に、ジョン・ジョージ・ヘイグという男と会っていた」との記事を発見。ヘイグが殺人鬼だと悟る。
バーリン氏は、警察に通報し、ヘイグが逮捕された。

関連記事

M・R・ジェイムズ Montague Rhodes James

モンタギュ・ローズ・ジェイムズ。(1862~1936) イギリスの怪奇小説作家にして、考古学者、古

記事を読む

エドワード・ヴァン・スローン Edward Van Sloan

アメリカの俳優。舞台、映画に出演した。 ブロードウエイ版の舞台「ドラキュラ」と映画「魔人ドラキュラ

記事を読む

ヘレン・チャンドラー Helen Chandler

アメリカの女優。「魔人ドラキュラ」で、ミナを演じた。 8歳で舞台デビューを飾り、10歳からブロード

記事を読む

ローレンス・ワット・エヴァンズ Lawrence Watt Evans

アメリカのSF作家。 化学者を父に持つ。父の読んでいたSFに手を出し、自らもSFファンになり、様々

記事を読む

レスター・デル・リー

アメリカのSF作家。SF編集者でもある。 ●レスター・デル・リーの吸血鬼小説 「炎の十字架」

記事を読む

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。 奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。

記事を読む

フラックスマン・ロー

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼事件を解決する、心霊探偵である。 ローは、シリーズもの

記事を読む

チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。 小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。

記事を読む

ヘンリー・カットナー Henry Kuttner

アメリカの作家。(1914~1958) 吸血鬼ファンにとっては「怪奇小説作家」だが、世間的には「S

記事を読む

岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執

記事を読む

PAGE TOP ↑