*

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6)
写実主義の技法で、日常をリアリティ豊かに描き出す中短編が特に高く評価されている。
「首飾り」「脂肪の塊」「女の一生」などが代表作。
怪奇小説にも印象的な作品を残している。
その中でも、吸血鬼アンソロジーに、度々収められるのが「オルラ」である。
「オルラ」もそうだが、モーパッサンの怪奇小説には、「何かわからぬものが、隠れたところでじーーっと息づいている……!」みたいなものが多い。
実際に、そういう脅迫観念にとらわれていたのか、モーパッサンはピストル自殺を図り、精神病院に入れられ、そこで亡くなっている。
20代でかかった梅毒が原因であった。

関連記事

岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執

記事を読む

ローレンス・ワット・エヴァンズ Lawrence Watt Evans

アメリカのSF作家。 化学者を父に持つ。父の読んでいたSFに手を出し、自らもSFファンになり、様々

記事を読む

ムーン・キャロル

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に、メイド役で出演した。 「魔人ドラキュラ」の中で、ほぼ唯一の喜劇的シ

記事を読む

ベラ・ルゴシ Béla Lugosi

ドラキュラ役者として有名な俳優。 ブロードウエイの舞台「ドラキュラ」(1927年)と、映画

記事を読む

ルイ=セバスチャン・メルシェ

フランスの作家。幻想、SFの風味のある文学を多く残している。 ●ルイ=セバスチャン・メルシェの

記事を読む

カール・ジャコビ

アメリカの作家。 新聞記者という本業を持ちながら、小説を執筆。怪奇テイストの強い物語を得意とした。

記事を読む

ウィリアム・テン

SF作家。ひねりのあるストーリーと、軽妙な語り口の中に風刺を秘めた短編を得意とする。 ●ウィリ

記事を読む

ティム・サリバン Tim Sullivan

多分、SF作家。(2作程度しか邦訳が無い) ●ティム・サリバンの吸血鬼小説 「ロス・ニーニョ

記事を読む

ローズ・ヘンダーソン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺さ

記事を読む

ハミルトン・ディーン Hamilton Deane

イギリスの俳優、脚本家、演出家。 ヘンリー・アーヴィングの劇団に所属し、後に自らの劇団を立ち上げた

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑