*

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。

クリスチーナは、南イタリアのある村に住む、多分ジプシーの娘。黒髪の、ワイルド系美人。肝がすわっていて、口は悪いが気がいい娘。定職を持たず、もらえる仕事は何でも引き受けて生計を立てていた。
村の財産家アラリオの息子、アンジェロを愛していたが、アンジェロには婚約者がいたので、振り向いてもらえなかった。クリスチーナを慕うハンサムな羊飼いもいたのだが、クリスチーナは相手にしなかった。

アラリオが危篤になり、医者を呼びに行かされ、帰りの山道で盗賊に殺され、山中に埋められる。
しかし、その後墓から蘇り、恋しいアンジェロの元に吸血鬼になって現れる。夜毎アンジェロの生き血を吸うが、司祭の力を借りた村人アントーニオの手で、胸にを打たれて、鎮められる。
しかし、吸血鬼としては出現しなくなった後も、彼女の眠る墓の上には、月光がさす夜は必ず、死体が横たわる幻が現れる。
近づく者があれば、死体はその人間に取りすがろうとし、物悲しい泣き声を上げる。
成仏したのかしないのか、不明である。

●「血は命の水だから」収録の短編集→「真紅の法悦」

関連記事

クレッシー中尉

「狼女」の登場人物。 スタムウェル教授に同行し、ローガン山に登る。教授の死者蘇生術に、ひそかに疑問

記事を読む

バイロン・ルスヴェン

「吸血鬼の夢」に登場する吸血鬼。 ハリウッドで、吸血鬼俳優として活躍したが、25年前に引退した

記事を読む

ジョナサン・ハーカー Jonathan Harker

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の主人公。ロンドンに住む青年。弁理士事務所に勤め、自分も弁理

記事を読む

マーガレット

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 夜間大学の同級生、ネヴィルに目をつけて襲い、彼を吸血鬼にする

記事を読む

ナイト・レディー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 「ナイト・レディー」は、村人がつけた通称名。カール・ハールヘーフ

記事を読む

フェオドル・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 1645年に亡くなっているはずなのだが、生前

記事を読む

フェルディナン・ポワトヴァン

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。大吸血鬼:ドラキュラ伯爵と、人間の女の間にできた子供である。幼少期を

記事を読む

エライザ・フリーマン

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 ベールブラウ荘で働いていた女中。幽霊を信じないタイプ。

記事を読む

フランチスカ・フォン・フォーネンベルク

「謎の男」のヒロイン。 オーストリアの勲爵士の娘。 気が強く、ありきたりなことを好まない美人

記事を読む

ロバート・ネヴィル

小説「吸血鬼」の主人公。36歳。 自分以外が全員吸血鬼になってしまった町で、吸血鬼よけの方法を日々

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑