*

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。

クリスチーナは、南イタリアのある村に住む、多分ジプシーの娘。黒髪の、ワイルド系美人。肝がすわっていて、口は悪いが気がいい娘。定職を持たず、もらえる仕事は何でも引き受けて生計を立てていた。
村の財産家アラリオの息子、アンジェロを愛していたが、アンジェロには婚約者がいたので、振り向いてもらえなかった。クリスチーナを慕うハンサムな羊飼いもいたのだが、クリスチーナは相手にしなかった。

アラリオが危篤になり、医者を呼びに行かされ、帰りの山道で盗賊に殺され、山中に埋められる。
しかし、その後墓から蘇り、恋しいアンジェロの元に吸血鬼になって現れる。夜毎アンジェロの生き血を吸うが、司祭の力を借りた村人アントーニオの手で、胸にを打たれて、鎮められる。
しかし、吸血鬼としては出現しなくなった後も、彼女の眠る墓の上には、月光がさす夜は必ず、死体が横たわる幻が現れる。
近づく者があれば、死体はその人間に取りすがろうとし、物悲しい泣き声を上げる。
成仏したのかしないのか、不明である。

●「血は命の水だから」収録の短編集→「真紅の法悦」

関連記事

シュレンベルク大尉

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ドイツ、ベルゲン・ベルゼン収容所で任務に就いている。

記事を読む

フェオドル・フォン・カルデンシュタイン

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 1645年に亡くなっているはずなのだが、生前

記事を読む

ジャッド先生

「夜だけの恋人」の登場人物。腕のいい医師。突如グロッパ郡ではやり始めた、血球が減る奇病の治療に忙殺さ

記事を読む

マデリン・トラバース

「ロキュラダおじさん」の登場人物。主人公、ゴードン・トラバースの姉。16歳。 吸血鬼ロキュラダ

記事を読む

レナ・ユングフォルト

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼に襲われる被害者。 ベールブラウ荘の持ち主、スワッファ

記事を読む

ピエール・ブルーネン

「墓地の管理人」の吸血鬼、オポルチェンスカ公爵夫人の犠牲者。 自分が、吸血の生贄にされているこ

記事を読む

エライザ・フリーマン

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 ベールブラウ荘で働いていた女中。幽霊を信じないタイプ。

記事を読む

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。

記事を読む

ルーシー・ウェステンラ Lucy Westenra

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ルーシーは、こんな人 婚約したばかりの美人

記事を読む

K

「血の季節」の登場人物。ルルベルに吸血される。 吸血されたために、犬歯が伸びるなどの、吸血鬼化の兆

記事を読む

PAGE TOP ↑