*

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。

クリスチーナは、南イタリアのある村に住む、多分ジプシーの娘。黒髪の、ワイルド系美人。肝がすわっていて、口は悪いが気がいい娘。定職を持たず、もらえる仕事は何でも引き受けて生計を立てていた。
村の財産家アラリオの息子、アンジェロを愛していたが、アンジェロには婚約者がいたので、振り向いてもらえなかった。クリスチーナを慕うハンサムな羊飼いもいたのだが、クリスチーナは相手にしなかった。

アラリオが危篤になり、医者を呼びに行かされ、帰りの山道で盗賊に殺され、山中に埋められる。
しかし、その後墓から蘇り、恋しいアンジェロの元に吸血鬼になって現れる。夜毎アンジェロの生き血を吸うが、司祭の力を借りた村人アントーニオの手で、胸にを打たれて、鎮められる。
しかし、吸血鬼としては出現しなくなった後も、彼女の眠る墓の上には、月光がさす夜は必ず、死体が横たわる幻が現れる。
近づく者があれば、死体はその人間に取りすがろうとし、物悲しい泣き声を上げる。
成仏したのかしないのか、不明である。

●「血は命の水だから」収録の短編集→「真紅の法悦」

関連記事

ガイ・エックハート

「影のない男」の登場人物。サラに二度にわたって血を吸われるが、命は取りとめる。

記事を読む

カラント

「吸血鬼の村」に登場する吸血鬼。 吸血鬼しか住んでいない村、ウィースラントの宿屋の主人。ウィースラ

記事を読む

ヨハン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。パウル・フォン・マウレンの弟。 第一次大戦中に、アメリカで吸血鬼にな

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

フェルディナン・ポワトヴァン

「パリ吸血鬼」に登場する吸血鬼。大吸血鬼:ドラキュラ伯爵と、人間の女の間にできた子供である。幼少期を

記事を読む

フリッツ・アウグスト・シュミット

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 ハールヘーファー家の、カールとフラムヒェン姉弟に仕える召使。姉弟

記事を読む

ルーシー・ウェステンラ Lucy Westenra

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ルーシーは、こんな人 婚約したばかりの美人

記事を読む

クラリモンド

「死霊の恋」に登場する吸血鬼。世間に名を知られた遊女。「何度も死んでいる」「彼女の恋人は、みな悲惨な

記事を読む

カール・ハールヘーファー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。ナイト・レディーに吸血され、吸血鬼になる。 姉フラムヒェンとフリッ

記事を読む

狼女

「狼女」に登場する吸血鬼。 氷河の中から、マンモスや狼とともに死体で発見され、スタムウェル教授の死

記事を読む

PAGE TOP ↑