*

一九四四年のドラキュラ

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 吸血鬼小説

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)

※ネタバレしています※

1944年、ベルゲン・ベルゼンの収容所で、不審な失血死事件が続く。
所内を巡回していたシュレンベルク大尉は、皮膚病で太陽に当たれず、昼間の作業に出られない病人ヴラド・ツェペシュと、それを看病する老婆、オルガ・ヘルシングの存在を知る。

大尉は、「ヴラド・ツェペシュ」が、ドラキュラのモデルになったワラキア公の名であることを知り、ヴラドに注意を払うようになる。
しかし、その直後、収容所からヴラドが失踪。いくら探しても見つからないが、夜間に、コウモリの姿で大尉の部屋の窓べに現れる。
ヴラドは、自分がブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」のモデルになった本人だと話す。(ヴラド・ツェペシュの子孫であり、ワラキア公ヴラドとは別人とのこと)
大尉は銃でヴラドを撃とうとするが、ヴラドはコウモリになって逃げ去る。

ヴラドがラウシュ大佐の服を着ていたことから、大尉はラウシュ大佐の家を捜索。大佐は、すでに吸血鬼にされていて、大尉の首に噛み付き、血を吸う。
大尉は、家の中で眠るヴラドを見つけ、胸に銃剣を突き刺そうとするが、すでに自分も同じ存在になりつつあることを知り、思いとどまる。

●登場する吸血鬼の特徴
・蒼白い顔色
・首から血を吸う
・コウモリに姿を変えることができる
・銃で撃っても死なない
・ドラキュラ型

●「一九四四年のドラキュラ」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編1」

関連記事

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

ヴァンピールの会

倉橋由美子作 ※ネタバレしています※ 美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

PAGE TOP ↑