*

一九四四年のドラキュラ

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 吸血鬼小説

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)

※ネタバレしています※

1944年、ベルゲン・ベルゼンの収容所で、不審な失血死事件が続く。
所内を巡回していたシュレンベルク大尉は、皮膚病で太陽に当たれず、昼間の作業に出られない病人ヴラド・ツェペシュと、それを看病する老婆、オルガ・ヘルシングの存在を知る。

大尉は、「ヴラド・ツェペシュ」が、ドラキュラのモデルになったワラキア公の名であることを知り、ヴラドに注意を払うようになる。
しかし、その直後、収容所からヴラドが失踪。いくら探しても見つからないが、夜間に、コウモリの姿で大尉の部屋の窓べに現れる。
ヴラドは、自分がブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」のモデルになった本人だと話す。(ヴラド・ツェペシュの子孫であり、ワラキア公ヴラドとは別人とのこと)
大尉は銃でヴラドを撃とうとするが、ヴラドはコウモリになって逃げ去る。

ヴラドがラウシュ大佐の服を着ていたことから、大尉はラウシュ大佐の家を捜索。大佐は、すでに吸血鬼にされていて、大尉の首に噛み付き、血を吸う。
大尉は、家の中で眠るヴラドを見つけ、胸に銃剣を突き刺そうとするが、すでに自分も同じ存在になりつつあることを知り、思いとどまる。

●登場する吸血鬼の特徴
・蒼白い顔色
・首から血を吸う
・コウモリに姿を変えることができる
・銃で撃っても死なない
・ドラキュラ型

●「一九四四年のドラキュラ」収録のアンソロジーは、「妖魔の宴 ドラキュラ編1」

関連記事

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

ヘンショーの吸血鬼

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)作 ※ネタバレしています※ チャーリー

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑