*

小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場するドラキュラ城

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 ドラキュラ城

ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」に描かれたドラキュラ城は、

●中庭が広い
●中庭には、円形の大きな拱門があり、そこに道が何本も通じている
●城の大門は、どっしりした石造り。鉄の鋲がたくさん打ち込まれた古い大門がはめ込まれている。大門には、大きな彫刻が施されている。呼び鈴、ノッカーは付いていない
●入り口を入ってすぐに、大きな回り階段がある
●廊下は広く、床は石貼り
●食器は、すべて純金製
●カーテン、家具に使用されている布類は、錦・金襴ずくめ
●鏡が無い
●書斎には、英国の書籍・新聞・雑誌が、多ジャンルにわたって集められている。伯爵が、英国に移り住むためのリサーチ用に取り寄せたもの
●断崖絶壁の上に立っている
●ドラキュラ伯爵の居間は、埃だらけ。様々な国の金貨(いずれも300年以上も前のもの)が、うずたかく積まれている
●城の地下に、納骨堂があり、そこに置かれた棺の中で、ドラキュラ伯爵は眠る

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑