*

わが家の十字架です

公開日: : 吸血鬼よけの方法, =その他=

十字架
↑これ、わが家に有る唯一の十字架。
人にいただいたものなので、値段は不明。しかし、いわゆる「高価」なものではないと思われる。

くださった方は、私の吸血鬼好きを知らないので、「吸血鬼よけにしなさい」という主旨でいただいたものではない。また、私自身、これを吸血鬼よけにしようと思ったこともない。

見ればお分かりだろうが、この十字架は宗教的な方向のものではなく、アクセサリーとして作られたものである。でも、吸血鬼映画など見ると、十字型のものなら何でも効くらしいので、多分、この十字架でもいいんだろうと思う。

今、唐突に思い出したが、私が20代の頃に、ダイヤの十字型のネックレスが流行ったことがあった。
あの頃は、テレビを見ても、アナウンサーとかタレントがやたらダイヤクロスを付けていたし、もちろんOLさんたちも付けていたし、クリスマス時期のジュエリーコーナーは、ダイヤクロスだらけだった。あの頃は、日本の吸血鬼の皆さんは、ご苦労されたのではなかろうか(世界的な流行だったのかどうかはよく分からない)。

画像の十字架に話を戻すと、裏にイタリー製の刻印が入っている。
モザイクの十字架というのは、ちょっと人の印象に残るらしく、女性には「これ、面白いわね」と言われることが多い。
金の刻印は入っていないようなので、18Kではないはず。しかし、18Kメッキだろうと思う。
なぜなら、金属アレルギーの私が、つけても大丈夫だからである。

私は、金・銀・プラチナ以外のアクセサリーは、早いときは着けて数分でかぶれてしまう。金属が触れた部分が、そのまんまかぶれるので、十字架のアクセサリーなら十字型の赤い跡ができてしまう。なんか、吸血鬼映画でロザリオがジューーってなる感じに似ていなくもないが、ただのアレルギーである。(吸血鬼も、アレルギーみたいなもんかもしれないが)

私は、この十字架にちゃんと触れるので、吸血鬼ではない。
私は、こんなブログを持っているわりに、吸血鬼化願望はほとんど無く、人に迷惑かけるくらいなら、おとなしく土に返りたいタイプである。

でも、一応友人には、「死んだはずの私がやってきて、家の中に入れてくれと言っても入れちゃダメだよ」とは言ってある。

関連記事

魚網

吸血鬼になる可能性が高い死者の棺に、あらかじめ魚網を入れておくと、吸血鬼は棺から出てこられないので、

記事を読む

十字架

十字架をかざすと、吸血鬼は近づけない。 必ずしも、「十字架」として作られたものに限らず、光

記事を読む

吸血鬼の胸を杭で刺すと、吸血鬼は死んで、二度と吸血鬼として現れなくなる。杭の素材は、一般的にはサンザ

記事を読む

吸血鬼を人間に戻す方法

ブルガリア民話によれば、「吸血鬼自身が身につけている、吸血鬼の胸の扉を開ける鍵を、吸血鬼に悟

記事を読む

飛び出す絵本「吸血鬼」

タイトル:「吸血鬼」 著者:コリン・ホーキンス 訳:上野和子 版元:大日本絵画 初版:199

記事を読む

ニンニク

吸血鬼は、ニンニクの匂いを嫌うので、生のニンニクや、ニンニクの花をそばに置いておくと、近づいて来

記事を読む

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を出します。 別に吸血鬼をイメ

記事を読む

聖餅

キリスト教で、ミサなどに使われる聖パン。 ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」では、ウエハ

記事を読む

硬貨

死者の口の中に硬貨を入れると、死者が吸血鬼になって蘇ることはないといわれる。吸血の欲望を、擬似的

記事を読む

焼却

死体を焼却すると、蘇るべき体が無くなるので、吸血鬼は死んでしまう。

記事を読む

PAGE TOP ↑