*

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。
奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。
SFや、オカルトも題材とするが、作品としてはブラックユーモアが勝り、「ホラー作家」と呼ぶのはふさわしくないだろう。

●クロード・クロッツの吸血鬼小説
「パリ吸血鬼」

関連記事

ハミルトン・ディーン Hamilton Deane

イギリスの俳優、脚本家、演出家。 ヘンリー・アーヴィングの劇団に所属し、後に自らの劇団を立ち上げた

記事を読む

マイク・レズニック Michael Resnick

アメリカのSF作家。(ミステリも書く) スケールの大きいSF作品を得意とする。 ●マイク・レ

記事を読む

バセット・モーガン

アメリカの女性作家。複数の吸血鬼小説を執筆している。初期のウィアード・テールズに何回か寄稿しているが

記事を読む

ヘレン・チャンドラー Helen Chandler

アメリカの女優。「魔人ドラキュラ」で、ミナを演じた。 8歳で舞台デビューを飾り、10歳からブロード

記事を読む

レスター・デル・リー

アメリカのSF作家。SF編集者でもある。 ●レスター・デル・リーの吸血鬼小説 「炎の十字架」

記事を読む

岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執

記事を読む

ラムジー・キャンベル John Ramsey Campbell

イギリスのホラー作家。 イギリスでは大物のはずだが、なぜか邦訳書が少ない気がする。 「神話」系の

記事を読む

ハーバート・バンストン

俳優。1927年のブロードウエイ版「ドラキュラ」と、映画「魔人ドラキュラ」でセワード医師を演じた。

記事を読む

エドワード・D・ホック Edward Dentinger Hoch

アメリカの作家。怪盗ニック・ヴェルヴェット・シリーズの作者である。 ミステリ作家であるが、作品から

記事を読む

ローズ・ヘンダーソン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺さ

記事を読む

PAGE TOP ↑