*

ヘルヴェティア公使夫人

「血の季節」に登場する吸血鬼。二等書記官ラドラックに吸血され、吸血鬼となる。
公使館の裏庭に葬られるが、墓の上に立てられた十字架が落雷で壊れた際に、墓から出てきて、娘のルルベルを吸血する。その後、十字架が修理されると、再び墓から出ることはできなくなる。

●吸血鬼としての特徴
十字架が嫌い

関連記事

ナイト・レディー

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 「ナイト・レディー」は、村人がつけた通称名。カール・ハールヘーフ

記事を読む

エライザ・フリーマン

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 ベールブラウ荘で働いていた女中。幽霊を信じないタイプ。

記事を読む

ゲオルギエ

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。ゴルシャの息子で、ズデンカの兄。端正な顔の、意思の強い男。 自分

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

ドロレス

「心中の虫」の登場人物。夢のような恋と結婚に憧れている娘。 心中の虫にうまい結婚話を持ちかけられて

記事を読む

ネヴィル

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 子供の頃から映画好き。とりわけホラー映画好きで、ベラ・ル

記事を読む

J・M・カッフィン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ホイットビーの検視医。 作中の、新聞記

記事を読む

ドレーク

「隠れ家の吸血鬼」に登場する吸血鬼。 ニューオリンズの、古い屋敷の地下室で眠っていたが、ラムデ

記事を読む

ペタル

「吸血鬼の家族」に登場する吸血鬼。ゴルシャの次男。18歳の美青年。義姉に吸血されて、吸血鬼化する。

記事を読む

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード作「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。 クリスチーナは、

記事を読む

PAGE TOP ↑