*

「 吸血鬼関連〈実在〉人名簿 」 一覧

倉橋由美子

日本の作家。クールに世相を描く小説も書くが、幻想・SF風味の作品も多い。翻訳も行った。 ●倉橋由美子の吸血鬼小説 「ヴァンピールの会」

続きを見る

岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執筆している(読むのも大好きだったようだ)。基本的には「推理もの」である半七のシリーズにさえ、怪奇趣味

続きを見る

シリル・M・コーンブルース

アメリカのSF作家。15歳で執筆を始めた早熟の作家だが、34歳の若さで亡くなったため、完結した作品数は多くはない。 ●シリル・M・コーンブルースの吸血鬼小説 「心中の虫」(「蝕むもの」という邦

続きを見る

エドモンド・ハミルトン Edmond Moore Hamilton

アメリカの、SF作家。ホラーの著作も多い。 ●エドモンド・ハミルトンの吸血鬼小説 「吸血鬼の村」

続きを見る

リチャード・マチスン Richard Burton Matheson

アメリカの作家。SF、ホラー、ファンタジーを得意とする。 巧みなストーリーテリングと、独特の味わいある作品世界を愛するファンは多い。 ●リチャード・マチスンの吸血鬼小説 「吸血鬼」 「血の

続きを見る

カール・ジャコビ

アメリカの作家。 新聞記者という本業を持ちながら、小説を執筆。怪奇テイストの強い物語を得意とした。 ●カール・ジャコビの吸血鬼小説 「黒の啓示」

続きを見る

レスター・デル・リー

アメリカのSF作家。SF編集者でもある。 ●レスター・デル・リーの吸血鬼小説 「炎の十字架」

続きを見る

ドン・オーギュスタン・カルメ Dom Augustin Calmet

18世紀に生きた、ベネディクト修道会士。 なぜ、神に仕える人が吸血鬼に興味を持ったのか分からないが、吸血鬼の資料を集め、「精霊示現、ならびに、ハンガリー、モラヴィア等の吸血鬼あるいは蘇れる死者に関す

続きを見る

A・K・トルストイ Aleksei Konstantinovich Tolstoi

ロシアの作家、劇作家。略さずに日本語で書くと、アレクセイ・コンスタノビッチ・トルストイ。「戦争と平和」のトルストイの又従兄弟。 ロマンあふれる歴史小説「白銀公爵」がもっとも有名。吸血鬼は、好きな題材

続きを見る

アルミニウス・ヴァンベーリ

ブタペスト大学の東洋語の教授。 20ヶ国語をマスターした語学の天才。 マルコ・ポーロの研究のために、中央アジア各地を転々と旅した。 ヴァンベーリは、ヘンリー・アーヴィングに招かれ、ブラム・ストー

続きを見る

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑