*

「 吸血鬼関連〈実在〉人名簿 」 一覧

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生まれたが、第二次世界大戦時に、一家でルーマニアからイギリスに脱出。その後、イギリスとアメリカの大学で、ルーマニア史・東欧史を学び、

続きを見る

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロッパ史教授を勤めていた。同僚教授であったラドゥ・フロレスクと共著で「ドラキュラ伝説 -吸血鬼のふるさとをたずねて」を書き、ドラキュ

続きを見る

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演じた。 ガルボ、ディートリッヒなど、大女優の代役をつとめていたことがある。スチールを見ると、なんとなく「ガルボ、ディートリッ

続きを見る

ムーン・キャロル

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に、メイド役で出演した。 「魔人ドラキュラ」の中で、ほぼ唯一の喜劇的シーンを担当している。

続きを見る

ハミルトン・ディーン Hamilton Deane

イギリスの俳優、脚本家、演出家。 ヘンリー・アーヴィングの劇団に所属し、後に自らの劇団を立ち上げた。 自分の劇団で、ストーカーのドラキュラを脚本化し、上演した。ディーン自身は、ドラキュラではな

続きを見る

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6) 写実主義の技法で、日常をリアリティ豊かに描き出す中短編が特に高く評価されている。 「首飾り」「脂肪の塊」「女

続きを見る

バセット・モーガン

アメリカの女性作家。複数の吸血鬼小説を執筆している。初期のウィアード・テールズに何回か寄稿しているが、それ以降の活動は不明。 現状では、邦訳されている作品は、「狼女」のみ。 ●バセット・モーガ

続きを見る

ルイ=セバスチャン・メルシェ

フランスの作家。幻想、SFの風味のある文学を多く残している。 ●ルイ=セバスチャン・メルシェの吸血鬼?小説 「血税の島」……吸血鬼小説と言い切っていいかどうか微妙なのだが

続きを見る

チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。 小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。 しかし、怪奇といっても、単に怖いというよりも、ボーモント独特の変化球的怖さであり、いわゆる「奇妙な味

続きを見る

レイ・ブラッドベリ Ray Bradbury

アメリカのSF作家。 情感にあふれ、感傷や郷愁で人の胸を揺さぶるのが大得意なSF作家である。 SFと言えば「未来的、なんか宇宙船的、光線銃的。だからキライ」と言っている人でも、「ブラッドベリは大好

続きを見る

PAGE TOP ↑