*

「 吸血鬼関連〈架空〉人名簿 」 一覧

シュレンベルク大尉

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ドイツ、ベルゲン・ベルゼン収容所で任務に就いている。 収容所内で起こった、謎の連続失血死事件を調べるうちに、ヴラド・ツェペシュと名乗る男に不審を感じるよ

続きを見る

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。 「吸血鬼ドラキュラ」のヘルシング教授と同姓だが、作中で特にその点についての説明は無い。 多

続きを見る

ペトロフスキー

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜む木箱を、ホイットビーの港に届ける「デメテル号」の乗組員。航海の途中で姿を消す。 直接の描写はされ

続きを見る

ピエール・ブルーネン

「墓地の管理人」の吸血鬼、オポルチェンスカ公爵夫人の犠牲者。 自分が、吸血の生贄にされていることに気づき、次の犠牲者に危険を伝えるべく、「逃げろ!」と書いた遺書を残す。 ●「墓地の管理人」

続きを見る

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。(吸血鬼になった経緯は不明)吸血鬼の正体を見破られ、塚の中に封じ込められていたが、ブリルが塚を暴いた

続きを見る

ファン・ロペス

「墓からの悪魔」の登場人物。年寄りのメキシコ人。 謎の塚に、吸血鬼が封じ込められていることを知っており、ブリルに伝えようとするが、よみがえった吸血鬼ドン・サンディアゴ・デ・バルデスに吸血されて殺され

続きを見る

スティーブ・ブリル

「墓からの悪魔」の登場人物。生粋のテキサス男。吸血鬼が封じ込められた塚を、そうとは知らずに暴いてしまう。

続きを見る

エライザ・フリーマン

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 ベールブラウ荘で働いていた女中。幽霊を信じないタイプ。 ある夜、幽霊が出るので、みなが寄り付かない場所に一人で行き、死んでいるのが発見される。 耳の下に傷

続きを見る

ジーン・ハバット

「わたしは、吸血鬼」の登場人物。 ハリウッドの女優。マートの恋人。 吸血鬼フュテーヌの生前の恋人、ソーニャに生き写しだったため、フュテーヌの餌食になる。

続きを見る

マート・プレスコット

「わたしは、吸血鬼」の主人公。映画の助監督。ジーン・ハバットの恋人。 サンドラの死の状況や、ジーン、ハーディの喉の傷から、フュテーヌが吸血鬼であることに気づく。 フュテーヌの始末を、フュテーヌ自身

続きを見る

PAGE TOP ↑