*

「 吸血鬼関連〈架空〉人名簿 」 一覧

ロミュオー

「死霊の恋」の吸血鬼クラリモンドに血を吸われる犠牲者。 僧でありながら死者であるクラリモンドと恋に堕ちる。ひそかに吸血されていると知りながら、それを受け入れるほどにクラリモンドとの愛に囚われている。

続きを見る

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森を抜けようとして、吸血鬼たちの住む城に引き入れられる。 魔よけの力を持つ樺の木の棒を杭にして、城主

続きを見る

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。 ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、ヴォーカル。ステージ衣裳は黒マントで、インペイラーズの三人(三人とも顔色が白く、唇が赤い)を従え、ラ

続きを見る

レンフィールド(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物だが、もちろん「吸血鬼ドラキュラ」のレンフィールドと同一人物なのだろう。 昆虫好きと描かれているが、「どういう意味で好きか」というのは、「吸血鬼ドラキュラ」を知っていなければ

続きを見る

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血鬼と思われるが、そうとは明記されていない。 ステファンが吸血鬼と知って滅ぼしたモーツェック軍曹によ

続きを見る

ラウール

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。 フルーレットの従者。フルーレットの供をして、フォスフラム城に引き入れられ、城主の夫人、アガートに吸血される。

続きを見る

レナ・ユングフォルト

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼に襲われる被害者。 ベールブラウ荘の持ち主、スワッファム家の、ハロルド・スワッファムと婚約している。 彼女の証言によれば、彼女を襲ったものは、「幽霊は、

続きを見る

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。 ベトナムで従軍していた。 所属小隊の仲間の血を吸い、5人の犠牲者を出した。 血を吸っている現場を目撃され、モーツェック軍曹に殺される。手榴弾を使って殺された

続きを見る

モーツェック軍曹

「最後の手段」の登場人物。 26年間も軍務に就いている。 ベトナムで従軍している間、部下のステファン・ランコウスキー一等兵が亡くなり、その遺体を家族の元に届けにいく。 悪性黒色素細胞腫にかか

続きを見る

マリー

ロバート・ブロック作「コウモリはわが兄弟」の登場人物。 ダニー・ドライブ・インで働くウエイトレス。 吸血鬼グレアム・キーンの餌食になり、血を吸われ、井戸に投げ込まれて殺される。 ●「コウ

続きを見る

PAGE TOP ↑